【本音の話】結婚前に興信所を使う是非

身辺調査中の探偵

近頃の結婚で驚く話。

それは、結婚前に興信所を利用して、交際相手の過去をきちんと調べる人が増えているそうです。

とくに、結婚する本人が利用するわけではなく、親御さんが交際相手のことを詳しく知るために、興信所をこっそり利用するそうです。

これは確かに年の功。

個人的には不幸な結婚をする上で、とても大切なことだと思います。ということで、この記事では結婚を考えたらなぜ興信所なのか。

綺麗ごと抜きに、その意味と理由をお伝えします。

スポンサーリンク

たとえばこんな男の話

ここにある男がいます。

男は29歳、中堅企業勤務の男性。1年前に知り合った彼女といよいよ結婚を決断。

彼女は23歳の高卒の女性で、彼女の話によると専門学校を中退したあと、フリーターとしていろんな仕事を経験。

イベントで知り合い意気投合。交際、そして結婚を考える仲になったそうです。

きっかけは男の母親の疑念

男は女性のことを愛しており、女性もはたから見れば、若くて真面目そうなお嬢さん。

男は「うちの親も彼女なら認めてくれるだろう」と自信を持って実家へGo。親に紹介したのですが、男の母親が彼女に不自然な何かを察知。

息子に内緒で興信所を依頼。

素性調査の結果、なんと彼女が19歳~22歳まで、風俗店に勤務していた事実が発覚したのです。

男は彼女から「男性経験はあまりない」と聞かされていたのでその話を聞き激怒。「自分はだまされた」とひどくショックを受けてしまいました。

都合の悪い過去を話さない不誠実さ

人にはそれぞれ、いろんな事情があります。

なので、彼女が風俗経験をしたのは、それなりの理由があったのかもしれません。

しかし問題は、そういった大切な過去を、結婚しようとする男に一切話そうとしなかったこと。

大切なことを秘密にして、隠そうとした彼女の人間性に問題があると言わざるを得ません。男がショックを受けるのも当たり前の話です。

男はその後、別の女性とゴールイン。

今では母親がこっそり興信所を利用した機転に感謝しているという話ですが、このようなケースは案外多いようです。

興信所を利用するのは人の道に反するのか

結婚する前に、彼女の過去やファミリーヒストリーを調べておく。

それは、

「あなたはこれから結婚しようとする彼女の過去を疑うのですか?それは人間としてゲスではないですか?」

という批判が出るのも仕方がないことかもしれません。

しかしながら、結婚は個人だけのことだけではなく、家と家との結びつき。すなわち、個人間の問題だけでは終わらない可能性があります。

だからこそ、彼女自身に後ろめたい歴史はないか。そして彼女の家族が安心できるか。

高いお金を払ってでも、知りたいと思うその気持ち。個人的には納得できます。

問題は失敗を取り戻せないこと

結婚とは現実。

飽きてしまったいつでも関係を解消できる恋愛関係とは違います。一度結びついてしまえばもう、後戻りはできません。

別れるにしても、大きな困難が伴います。

それなら、問題が起こる前に、きちんと事前に調べておく。問題がないならそれでOK。安心して答えを出すことができます。

あなたは結婚できますか?

結婚を考える彼女には体を売ってお金を稼いでいた過去がある。おまけに、親が借金まみれで周りに迷惑かけている。彼女の弟は傷害罪で服役。

その秘密を知らずに、心置きなく結婚することができますか?

結局は人間性の話

人の本当の姿は、歩んできた生き様は、表だけではその真実を知ることは難しいのが正直なところ。

いわゆる清楚系のお嬢様のような彼女が、実は異常な数の恋愛経験があって、過去に付き合った男性にハメ撮りをされていたり、そういうお店で働いていたり。

こういう話は案外、身近なところであったりまします。

それで、彼女自身が「実は過去にこういうことがあって・・・」と素直に言ってくれるなら、まだ真剣に答えを出す価値があります。

しかし、そういった重要な秘密を、生涯のパートナーになろうとする男性に隠して結婚しようとする。

それは極めて、アンフェアだと言わざるを得ません。

「独身で未婚だと思っていた彼女に実は子どもがいた」というのもよく聞く話。

誠実な子持ち女性なら、交際する最初から子どもがいることをカミングアウトしてくれますが、そうでない彼女は・・・。

信じられなくなったらそれで終わり

本当に彼女のことを受け入れたいと思っている男性なら、すべてを知った上で、結婚を決断するでしょう。

自分が真実を知り、納得し、全てを背負う覚悟なら、男はどんな困難も受け入れることができます。

しかし大切なことは何も知らされない。それはだまし討ちされたようなもの。彼女の人間性に、大きな不信を抱くでしょう。

そういう話が多く、離婚という悲劇につながっていく。だから親が子どもを心配し、興信所で結婚相手の身辺調査をする。

まぁ、正々堂々と公言できる話ではないですが、興信所で彼女の過去を調べる。その気持ちは、十二分に理解を示すことができます。

彼女の過去は知らないより知っておいた方がいい

世の中には、男性女性関係なく、不誠実な人間がいます。

自分に都合が悪いことは一切を隠し、ウソを平気でつく。相手を騙して、自分の目的を達成できればそれでいい。

そういう人がいるのですが、人の本性を見抜くのは本当に難しい話です。

特に、恋愛感情が高まり、彼女のことを好き好き好き状態なら、ますます「あばたもえくぼ」で、彼女の実像を見ることは難しいかもしれません。

「自分は彼女を嫁にしたい!」

そんなときだからこそ、今一度。彼女がどんな人生を歩んできて、どんな価値観を持っていて、やましい過去があるかどうか。

冷静に確かめる価値があるのではないでしょうか。

2人の未来のために真実を知る

「風俗に勤務していた・・・」

「中絶していた・・・」

「パパ活でおっさんの愛人をしていた・・・」

結婚前に不都合な真実が明らかになれば僥倖。

将来の不幸に至る道を、今ここで断ち切ることができます。逆に、真実を知らずに結婚すれば、まぁ最悪ですわな。

別れるにしても、いろいろもめて損害を被ることになるでしょう。

そうならないために最初から調べておく。もちろん、彼女を傷つけないようにこっそりと。

これは別に、人の道をハズレたことではないでしょう。

彼女の実家がそれなりの家なら、逆に男の方も調べられているかもしれません。

最後に

結婚のベースは愛。愛のベースは信頼。

信頼は、無条件にすることではありません。確固たる事実。確固たる証拠があってこそ、信頼することができます。

異常、長くなってしまいましたが、あなたはどう感じたでしょうか?

「俺は彼女のすべてを信じてる!彼女はきっと、俺の子どもの良い母親になってくれるだろう」

というあなたも、

「実は彼女の過去がどうなのか、話してくれないからわからないんだ・・・」

というあなたも。

彼女が何かを隠していないか。それだけは冷静に、チェックしておくことをおすすめします。

将来、大きな後悔をしないために。

こちらもどうぞ

結婚に成功した男は年々人相が良くなる事実

彼女と結婚したら将来自分はどんな扱いを受けるか。未来を知るためにおすすめなのが

子持ち女性との結婚は綺麗事なしに覚悟がいる