30代以上の独身男だからこそ考えたい結婚のメリット&デメリット

ここがポイントよ

まず単刀直入に伺います。

あなたは素晴らしい女性と出会い、結婚したいと考えていますか?

ほんの少しでも、「イェス!」という気持ちがあるなら、もう1度将来を考察する意味できっと、この記事が参考になるかもしれません。

後悔しない選択をするためのヒントとして、ぜひ参考にしてみてください。

結婚にメリット&デメリットを問うのはナンセンスだ。しかし

よく、某掲示板等で、結婚するメリットとデメリットについて云々されており、それが賛否両論を読んでいます。

確かにそれは正しくて、基本的に論じるべきは、結婚するメリット&デメリットではなく、結婚できるかいなか、そこをまず論じるべき問題なのは間違いありません。

この意味で、結婚の長所短所を云々することは確かにナンセンスです。

ところが。

実際問題、私達は女性と結婚して本当にそれで納得がいく人生を歩むことができるのか。自分の決断を信じることができるのか。

そのことについて、悩まざるをえない結婚の現実があるのも確かです。

離婚で人生が180度変わってしまった男の話

例えば、私の10代からの友人にこんな男がいます。

彼は大学卒業後、すぐに当時の彼女と結婚。大学もいわゆる有名大で、就職先も一流企業。おまけにさっさと結婚して、人生順風満帆。

この彼女がブ◯だったならまだ救いもあったのですが、伊東◯咲似の、スレンダー系のとても可愛い女の子でした。

「なんでこいつがこんな美女と結婚できるんだよお・・・」

と、嫉妬心が抑えられないのが正直なところでした。

それで、結婚後彼はますます増長。

「お前、彼女いないのかよお。いい加減相手見つけて結婚しろよw一人は寂しいだろう?嫁がいる暮らしは最高だぞ?」

と、独身者を逆撫でするような言動を繰り返していました。

ところが・・・。

結婚後3年目。奥さんの浮気が発覚。それによって友人は離婚。女性不信は根強く、精神の健康を害してしまい、会社もリストラ。

現在では実家暮らしで、派遣として暮らしています。

離婚によって幸せな暮らしが一転して不幸せに。こんな現実を目の当たりにしているからこそ思うのです。

もしかりに結婚できたとしても、どうしてそれで、幸せになれると言うのか?

と。

離婚せずに妻の暴言に耐え続ける30代の男

また、次にこんな話があります。

その男は30代。彼はいわゆる典型的な非モテマンで、女性経験も少なく、脱○貞はプロの女性。

そんな彼が、30代になって結婚したいと出会いの場に挑戦。英会話スクール。婚活。いろんな場所で女性との出会いを探します。

そしてついに彼は、英会話スクールで女性と出会います。その女性とぞっこんとなった彼は、彼女を妊娠させてしまい、30代にしてできちゃった結婚。

どちらにしろ結婚したいと考えていたので、別に何の問題もないように思えたのですが、彼女の妊娠後から、彼女の本性について、気がつきだします。

男性に対して暴言を吐く。気に食わないことがあれば手が出る。男性は

「これから子供が生まれるのだからイライラしているのだろう」

と考えていたものの、出産後、もはや現実をごまかすことができない状況に。

彼女の精神状態はますます不安定になり、男への暴言も日常茶飯事に。子供の前で、

「クズ!バカ!死ね!」

などの激しい暴言を投げかけられる日々。

その上で、近頃は、外出も増えて、どうやら他の男と会っている様子。男は悩み、今や、酒がなくては寝られないような苦しい日々を送っています。

もはや離婚は仕方ないような現実にありながら、男は子どもの将来を考えて、ギリギリの日々を送っています。

そう、結婚して幸せになると思っていた。「自分の人生はこれでいいはずだ」と信じたかった。

ところが、現実は、そう簡単な話ではないようです。

結婚が努力論でない理由

なぜ結婚が難しいのか?

それは、人と人とのことだからです。私達は勉強を頑張ることができます。仕事で努力して、結果を出すことができます。

しかし、人の場合、自分が努力したからといって、その努力がどうなるかはわかりません。むしろ、努力すればするほど、状況が悪くなることもあります。

なぜなら、それが人相手のことだからです。

生まれも育ちも価値観も何もかも違う男女が出会い結婚していく。ここで対立が生まれるのはある意味当たり前です。

だから、結婚すればめでたしめでたし。人生ばんざい。そんなわけはないのが当然なのです。

むしろ、結婚したばかりに、経験する必要がなかった苦労をする可能性だってあるのです。そう、先に述べた男たちのように。

だからこそ、結婚できるかどうかを論じることも大切ですが、自分が本当に結婚したいのか。

結婚したことによって、どんなプラスが生じて、どんなマイナスが生じる可能性があるのか。そのことを、真剣に考える価値はあるはずです。

なぜなら、私たちは時間を巻き戻すことはできません。一度下した決断は、もう二度と、取り消すことができないのです。

結婚のわかりやすいメリットは経済的安定感

まず結婚することで考えられるのは、誰かと一緒に暮らしていくことによる安定感でしょう。

とくに、妻が専業主婦ではなく、きちんと仕事を持っている。この場合、家庭の経済的安定感は最強です。

例えば公務員。薬剤師。看護師。医師。

子どもを産んでも、福利厚生がしっかりしている業界。いつでも復帰できる業界。そういう分野で仕事を持っている女性はしっかりお金を稼ぎます。

男の収入+妻の収入。今の時代最強なのはこの二馬力型夫婦です。

どちらかの仕事がダメになったとしても、片方の収入があるので、再起するまでの時間が稼げます。

これは、独身者では持つことができないメリットです。ただし、それは夫婦が協力し合う関係なら、という前提ですが。

逆にいうと、夫婦同士協力できない関係は、もしかしたら一人よりも辛いことかもしれません。

同じ家のなかでバラバラ。妻と何も共有できない。ただ一緒に暮らしている仮面夫婦。セッ○スもない。

でも、そういう夫婦は案外多いそうですね。

結婚の最強のメリットはやっぱり子どもを作れること

そして忘れてはいけない結婚する最大のメリットの一つが、子どもを持てること。

これだけは、独身者が逆立ちしても否定できない、完全唯一無二のメリットではないでしょうか。

もちろん、結婚しなくても子どもは持てます。いろんな男女の形は存在するでしょう。

しかし、自分の血がつながった子どもが「法的」に、そして「世間」に自分の子どもと認められ、その子どもを自分のお金と時間を使って育てていく。

これは、結婚することでしか経験できないことであり、もしかしたら、現代社会において結婚する、最大級の理由かもしれません。

ただし子どもを持てば、新しい悩みも生まれます。

子どもが何かに巻き込まれて、悲しい思いをするかもしれません。子どもがきちんと育つかはわかりません。

自分の子どもが事件を起こしたり、引きこもりになって暴力を振るうようになるかもしれません。つまり、子どもが持てるからそれで十分というわけでもない。

だから難しいんですなぁ。

孤独死は本当に不幸なのか?

それとよく言われるのが、独身者の未来は孤独死一択という話。

これもツッコミどころが満載で、今、日本の離婚率は30%以上。結婚してもそこそこの人が別れ、一人になります。

「嫁と別れても、子どもが面倒を見てくれるだろう」

と考える人もいますが、そういう人ほど、老後に現実に打ちのめされる現実が待っています。

結婚して年を取る。そこでどうして、妻がいつまでも自分の側にいてくれるのか。子どもが自分を愛して面倒を見てくれると確信できるのか。

現実とはいつも冷酷なもの。

つまるところ、熟年離婚、子どもとの関係。死ぬときは結婚しようがそうでなかろうが、結局一人。

むしろ辛いのは、家庭の中に誰かいるのに、自分だけ一人きりという、精神的な孤独の方。それなら最初から一人の方がマシなケースも少なくありません。

いずれにせよ、熟年離婚が増えている現実、妻が自分をいつまでも愛してくれている。そんな幸せな脳内ストーリーを描くのはやめた方がいい、という話です。

確かに結婚にもいいところがあるはずだ

書いていて、少し気持ちが暗くなったので、良い面に視点を向けたいと思います。

結婚すれば、男として、ある確実なメリットがあります。それは世間体です。

「あいつは嫁がいる」

このことは、実利的なメリットがあるかどうかは微妙なものの、明らかに周囲からあなたを見る目は変わるでしょう。

つまり、結婚して嫁がいることによって、

「この人はまともな社会の構成員である」

と、周囲から認識されやすくなるということです。少なくとも2040年くらいまでの間は。

結婚している男性の方が社会的に信頼されやすいのは、現在においては確かなことです。しかし、今後それがどうなるかはわかりません。

なぜなら、これからどんどん、生涯未婚率が上昇し、結婚しないのが当たり前の時代が来る可能性があるからです。

この意味で、もし結婚にメリットを求めるなら、30代のあなたはギリギリ、そのメリットを享受できる立場にいます。

つまり、結婚する=常識的な人と周囲から認められるメリットを。

結婚を決断する目安

以上、結婚のメリットデメリットを云々してきましたが、

ポイントは一人だけではできないこと、つまり結婚することでしか得られないことが、あなたにとって魅力的かどうか。

全てはそこにかかっています。

あなたが、経済的に安定することに意味を感じなければ不要でしょう。子どもを持つことに意味を感じないならば、不要でしょう。世間体なんてどうでもいいなら、不要でしょう。

なので、メリットだけで結婚を考えるのはやっぱり無理があります。

それよりもむしろ、現実的なデメリットを知った上で、それを甘受できるかどうか。そちらの方が重要性が高いのではないでしょうか。

例えば、結婚をすることで失うものが確実にあります。

・一人の時間

・プライバシー

・自分のお金

・転職する自由

・気になった女性と関係を作る自由

これらはほんの一例ですが、結婚の本質的デメリットとはすなわち、あなたが一人の男として自由に生きることを完全にあきらめること、と言うことができます。

男が結婚して失う大切なもの

結婚すれば、あなたは家族に対して責任が生じます。

そうなれば、お金もかかってくるし、周囲に対して、より積極的に気遣いをしていかなければならない立場になります。

当然、あなたが一人で、自分のしたいことをする時間もなくなります。これは、ほんの少しでも、彼女と同棲を経験した方なら理解できることだと思います。

彼女と暮らす。そうなると、彼女とあれこれ折り合いをつける必要が出てくる。自分の時間を作るのも難しくなり、お金だって使い道に制限が出てくる。

子どもができたら、その傾向はますます顕著になり、もはやあなたの人生は、あなたの手からこぼれ落ちていくことはさけられません。

そして、最悪離婚するとき。

相手の女性の人格によっては、あなたはすべてを失う可能性があります。お金。子ども。家。仕事。これはきれいごとではなく、カッコたる現実です。

なので、あなたが結婚のメリット&デメリットについて考えるなら、離婚した友人に、離婚で何を失ったのか。

現実的な話を聞くことをおすすめしたいところです。

大切なのは何事も最悪を想定すること。男にとって、離婚で失うものは少なくないのが現状、最悪離婚になっても、それで多くのものを失っても後悔しないか。

そこを考えておく必要があると思うのです。

それで結局結婚すべきなのか?

以上、長々と結婚の長所短所について云々してきましたが、個人的には、結婚についてこう考えています。

本当に結婚したい、ずっと一緒にいたいと思える人がいれば、結婚する。

私はそう思っています。

私には一時期、「結婚しなければ」と思っていた時期があって、当時付き合っていた女性にプロポーズしようかどうか、真剣に悩んでいた時期がありました。

でも、正直に言うと、それほど彼女のことが好きではない。

ただ、いい年をして結婚していない自分はダメではないか。結婚すれば親を安心させられるのではないか。彼女も結婚を期待している。だからそれに答えなければいけない。

そんな気持ちで結婚を考えていました。

しかしどんなに考えても、「これでいい」という気持ちが持てない。彼女と本当に結婚してもいいのか、確信が持てません。

そこで、結婚ということはおいておいて、自然な流れに任すことにしたのです。それが自分にとっては一番の選択でした。

それで今では、機会があればするし、機会がなければ、自分は独身の運命なのだと考えることにしています。

ということで、あなたはあなたが納得の行く道を選択することが大切だと思います。

人がどうこう言おうと、あなたの道はあなたが歩むしかありません。そして、その責任を取れるのもあなただけです。

自分の人生は自分の人生。ぜひ、納得のゆく答えを出してください。

こちらもどうぞ

「なぜ俺は結婚できないんだ?」と悩む30代独身男性がチェックしたい5つのこと