結婚をコスパで考えているうちはまだ結婚するタイミングではない話

君とは結婚できないんだ

先日、独身の仲間内でワイワイと飲み明かし、楽しい時間を過ごしていたところ、そのなかの男の一人が、結婚コスパ論を云々し始めました。

細かい話は割愛しますが、

「結婚すればこんな損がある」

的な話で、リアルでこの手の話を聞くと正直ドン引き。が、こういう意見を持っている人は、案外たくさんいるのかもしれません。

ただ一つ言えるのは、結婚をコスパ云々で考えるのは結局のところ、結婚するタイミングではない何よりの証拠なのかもしれません。

スポンサーリンク

はじめに

世の中には、結婚したい人(したいけどできない人含む)と、結婚を意識しない人がいます。

本当に結婚したい人は兎にも角にも出会いに積極的になっているので、結婚のコスパがどうだとか、言っている人はいません。

ともかく相手を探すことに神経を注いでいます。

一方で、実は結婚についてコスパがどうだとか云々している人は、本心では

1・結婚したいけどできないからコスパ云々している人(すっぱいぶどう)

2・結婚に対して否定的な人

すなわち、結婚に対して消極的な人が、したくない理由を語るためにコスパ論を持ち出していると感じています。

別にそれは悪いことではなく、コスパとか考えるならいっそのこと結婚なんてしないほうがいい話だと思います。

結婚するのが怖い

正直なところ、結婚とは非常に怖いことだと感じています。

私も30代の一時期、周囲が次々と結婚していき、とある理由で「俺もそろそろ身を固めるか」という気分に。

いわゆる出会い厨になって、結婚前提の彼女を作りましたが、自分の気持ちにはどうしてもウソをつけません。

「どうしても結婚したい!」という気分になることができませんでした。

結婚して自分の人生が変わってしまうのが怖い。今の自由気ままな暮らしが終わるのが怖い。責任がのしかかるのが怖い。

コスパがどうだとかいうより、自分の人生が変わってしまうことが怖いのが正直な話でした。

結婚はコスパではない!

結婚を前提に考えて付き合った彼女。

その彼女と分かれたあとに一番感じたのは開放感でした。これは不謹慎かもしれませんが、偽らざる本心でした。

「自分はいい年だしそろそろ結婚しなければならない。独り身は恥ずかしいし、親にも申し訳が立たない」

そう考えて結婚へと向かっていったものの、全然楽しくないし、将来に幸せを感じることはできませんでした。

この体験から分かったことは、結婚は頭でするものではないこと。

本当に、ずっと一緒にいたいと思う相手がいればこそするもので、コスパが云々の話ではないと感じました。

ようは「まだしたくない」という話

つまるところ、

「今の彼女と結婚すればメリットがどうでデメリットがこうで」

と考えている間は、ようは結婚するタイミングではないのでしょう。

ようは、そこまで人生をかけて一緒になりたいと思う相手がいないのだと思います。

本心がそのことを分かっているからこそ、メリットとかデメリットとか、いろんな理由をつけて否定的な考え方をしているのです。

コスパを考えることは、勢いで正しくない相手と結婚してしまうよりはマシな話で、結婚するとかしないとか、考える必要がない状況にいるのは確かです。

つまり、本気で結婚について悩んでいる段階ではないと言うことができます。

自分の気持ちにウソはつけない

いずれせよ確かなのは、結婚を考える相手がいて、その相手に対してコスパを考えている段階で、本心はNoと言っている可能性が高いのは確かです。

そして、本心をごまかして無理やり結婚へと進んでいっても、理屈上はその結婚にメリットがあったとしても。

実際の生活が始まれば、メリットよりもデメリットのほうを強く実感する結婚生活が待っている可能性が高いです。

なぜなら、結婚生活は人と人とのこと。大切にすべきは理屈ではなく、実際の自分の気持ちだからです。

自分の気持ちにウソをついて生活をすることはできませんが、それは本当に辛いことです。

おまけに、離婚するまでその生活が続く。いやぁ、なんとい拷問か。

関連記事

自分の気持ちにウソをつく恋愛は楽しくない

まとめ

以上、長くなってしまいましたが、結局何の話か。

結婚をコスパ云々で考えているうちは結婚をするタイミングではないこと。相手がいようがいまいが、そのときではないこと。

そういう話です。

結婚は理屈より感情。好きな人と出会う。その人とずっと一緒にいたいから結婚する。

これが自然な道理。やはり、メリットとかデメリットとか、理屈云々で考えても、良い結果にならないのではないでしょうか。

いくら「得」な相手と結婚しても、生活が始まれば取らぬ狸の皮算用。「こんなはずでは」の連続が待っています。

ということで、結婚は焦らないこと。したいと思う人が現れればすればいいこと。そういうものだと思います。

こちらもどうぞ

独身男が婚活で結婚するために心に刻んでおきたい3つの心得

彼女と結婚したら将来自分はどんな扱いを受けるか。未来を知るためにおすすめなのが

アラサーであとがなかったとしても、後悔するような結婚はやめておけ