アラサーであとがなかったとしても、後悔するような結婚はやめておけ

結婚して後悔する男

「俺にもいつか、素晴らしい彼女と出会って結婚して、子どもを作って家を買って。そんな平凡だけど幸せな人生がやって来ると信じていた」

「しかし、気がつけばアラサーになり、アラフォーはすぐそこ。このままだと、孤独死の可能性が極めて高い。もうこの際、結婚できれば妥協でも何でもする!」

「今は必死で婚活を頑張って彼女ができたが、正直それほどタイプじゃないし、はっきり言って好きではない。このまま結婚すべきなのか。それとも・・・」

そんなあなたのための記事がこちらです。

はじめに

誰かと出会い結婚する。

それがあなたが心から「この人だ!」と思える女性と結婚できたなら、それがたとえどんな結果になろうとも、人生で後悔することはありません。

この意味で、結婚とはある意味、ご縁が成す必然の結果なのかもしれません。

しかし、結婚のための結婚。それについては、考え方は様々ですが、結婚に失敗したときに極めて大きなダメージを受ける可能性があります。

たとえばここに、こんな男がいました。

男は35歳。

何人もの女性と付き合ったものの、どうにもしっくりこない。

「このまま結婚していいのだろうか?」と悩みつつも、付き合っていた彼女に結婚を強く迫られ、その勢いに流されて結婚。

「これが俺の運命なんだ」となかば、仕方なく、それを受け入れたものの、結婚して3ヶ月を待たず、男は後悔の念にさいなまれるようになりました。

結婚できればいい、という話ではない

妻と一緒にいて楽しくない。自分の時間すら作れない。独身の頃のように、お金を好きに使うことさえできない。

ただ、夫しての義務を果たしつつも、押し寄せるのはリアルな徒労感。

そして、幸せそうに街を歩くカップルを見かけるたび、「俺は選択を間違えた」という劣等感を感じて、結婚を後悔する。

得られたものは既婚者という肩書と、とてつもない大きい不自由さ。男は結婚1年を経たずして、離婚を日々考えています。

なぜそんなことになってしまったのか?

こういうとき大切なのは、シンプルに物事を考えること。つまり、その結婚にコミットできるかどうか。

ほんとうに、その女性と一緒になりたいと思ったのか。つまり本当に好きなのかそうでないのか。極めてシンプルな話です。

そう、こういうときに大切なのは自分の素直な感情。そしてこの感情に従うことこそ、人生の大きな選択においては、あやまちを犯すことが少ないのです。

頭で考えた決断が失敗する理由

逆に失敗してしまうのは、感情ではなく頭。理屈で大切な決断を下してしまうことです。

男は結婚にあたって、まず次のようなことを考えました。

「今結婚すれば、一応結婚して既婚者という立場になれる。孤独死も避けられるかもしれない。何より、彼女が公務員なので経済的には安定する」

「正直彼女はタイプじゃないし、それほど好きじゃない。むしろ、電話とかLINEしてるとうんざりする」

「でも、完璧な女性はいないし、これから出会いがあるかどうかも分からない。彼女も結婚を急いでいるし、今が潮時だろう」

その結果どうなったか?

男は既婚者になりました。妻も働いているので家計的には問題ありません。しかし、主導権を妻に握られているので、お金は結局妻が動かしています。

そして男は毎日、満たされない気持ちを抱き、日々離婚を考えています。

つまるところ大切なのはこういうこと

以上、前置きが長くなりましたが、結局大切なのは1つだけ。

焦って結婚するのはやめておけ、という話です。

結婚に焦るときはいつも必ず、年齢という制限が気になっているときです。

「今の彼女と別れれば、自分の年齢的に新しい出会いはないかもしれない」

「結婚するチャンスがなくなってしまうかもしれない」

こうして焦って、頭で考え、自分の気持ちを無視した結果、その選択に後悔する。これがいわば、結婚で失敗するテンプレです。

結婚で失敗すれば財産分与等、面倒なトラブルの始末をつける必要があります。

この意味で、結婚できないより結婚できたほうがいいのか、それは微妙な話です。むしろ、結婚できなかったほうが、よほどマシだったかもしれません。

だからこそ大切なのは、結婚という選択に後悔をしないこと。そのために難しい理屈はいりません。

本当に好きな女性とご縁があったら結婚を選べばいい。ただそれだけの話です。

最後に

人生、覆水盆に返らず。

一度してしまったことは、もう二度と、もとには戻せません。そして、そのたった1度の失敗によって、人生で大きな代償を支払う羽目になる。

そういう男性が少なくないのが実情です。

だからこそ大切なのは、その決断に後悔しないこと。心から納得した上で決断すること。

そう、何も難しい話ではありません。

だからあなたがもし、今結婚に焦っていても、ぜひ、慌てないで、自分の気持ちに正直になることを、強くおすすめします。

こちらもどうぞ

安全安心な彼女との別れ方