安全安心な彼女との別れ方

あんたなんかサイテー

人生は出会いあれば別れあり。

付き合ってきた彼女と、いろんな理由でお別れをするべきときがやって来ます。問題なのは、そのときの別れ方。

別れ方をあやまると、スムーズに別れることができないだけでなく、リアルライフにおいて様々な実害を被る可能性があります。

例えば、然るべき手順を踏まず唐突にさよならを宣言する。それによって彼女を必要以上に傷つけることになり、彼女を激高させてしまう。

そこからどのような実害が生じるか、具体的に書くことはしませんが、ようは、彼女と別れたいなら、しかるべき手順を踏んだほうが良い、という話です。

では具体的にどうやって彼女と自然に分かれるか。それがこの記事のテーマです。

「彼女と長らく付き合ってきたけど、実のところ、彼女のことはもう・・・」

というあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

女性と出会い、付き合い、そしてあれやこれ、濃密な時間をたっぷり味わう。

それが男女関係の楽しさですが、実際のところ、付き合ってみてもなんとなくしっくりこない。楽しくない。彼女が重すぎてうんざいする。

そういう現実があります。

そこで、「もう、彼女と会うのもメンドーだ・・・」となってしまった場合は、ダラダラ付き合うのはご法度。

別れを念頭におき、然るべき手順で、行動を開始することが大切ですが、ここで対処を間違ってしまうと、後日の火種に。

女性の怖さを味わうことになってしまうわけですが、そうならないためにはどうすればいいのか?

そのキーワードが、フェードアウトです。

つまりはこういうこと

早い話、別れたい女性とは一気に距離を置くのではなく、少しづつ、距離を置いていくのです。

例えば今まであなたが週に5~6回連絡をしていたなら、それを週1にする。そのうち、2週間に1度、1ヶ月に1度という具合、どんどん、接触回数を減らしていきます。

彼女から連絡が来ても放置する。デートも言い訳をして月1などに回数を減らす。そうしていれば彼女の方から、「別れたいのかも」と察知してくれます。

そして、恋愛に慣れている女性なら別の男性を探し始めます。

うまく行けば、彼女の方から「好きな人ができたから別れて」という話になりますので、「そうか、今までありがとう」という具合、スッキリできます。

ところが、そうでない女性もいるので、そういう場合は、フェードアウトを始めて3ヶ月後くらいのち、「話があるから、会おう」と伝え、ダイレクトに別れを告げる他ありません。

この際は、いろいろ罵倒される可能性がありますが、男女の間に綺麗事なし。恋愛感情が冷めてしまった相手とダラダラ付き合っても、ろくなことにはなりません。

きちんとけじめをつけておく。これが、最低限の礼儀です。

まとめると

以上、まとめると自然に彼女と分かれるためのポイントはシンプルです。

大切なのは、気持ちが変わったからといって、突如と「別れよう」と告げないこと。

まずは、連絡回数を減らし、そしてデートを避けて、「私はあなたと距離を置きます」という態度を示すことです。

こうすることで女性は、あなたの変心を察知して、別れの準備をしてくれます。そうでない彼女には、3ヶ月ほど距離を置いたのち、直接別れを告げてけじめをつけます。

距離を置かれた彼女も、そうなることがわかっているので、突然激高されて罵倒されたり、ストーカーまがいのことをされるリスクを抑えることができます。

このように、別れ方には然るべき手順があります。

今すぐ彼女と別れたくなったとしても、後々の問題を避けるため、ぜひ、適切な手順を踏むことをおすすめします。

こちらもどうぞ

自分の気持ちにウソをつく恋愛はつまらない