結局、彼女を「作らない」現実的なメリットと言えば

彼女と待ち合わせ

近年、「彼女は維持費がかかる金食い虫だからあえて作らない」というコスパ重視の男性が増えているというニュースがありました。

なかには「彼女を作らない?できないの間違いじゃない?」という辛辣な意見がありますが、実際の話はそう単純でないのは事実です。

というのは私の身近でも、高収入で女性にモテて女子大生と付き合いまくっているのに結婚しない友人の実例を知っているからです。

ともかく彼女をつくるorつくれない云々の話はおいておいて、一つだけ確かなことがあります。それは、彼女ができること。それは必ずしもメリットだけではない、という現実です。

スポンサーリンク

彼女ができればお金がかかる

まず彼女ができる現実的なデメリットが「お金」です。

当たり前ですが、彼女ができればデートをするようになります。ご飯を食べに行ったり、どこかに遊びにいったり、お家でデートをする場合でも男の用心。念のための「帽子」代にお金がかかります。

身も蓋もない話ですが、誰かと付き合うということはそれだけお金が発生するという話で、タダで何もかも楽しむことはできません。

もちろん、「彼女にお金を払う?そんなヤツは非モテだろw俺は全額彼女に出させているぞ」というような男性もいます。

とはいえそれは女性にお金を使わせるプロの方だったり、いわゆるヒモ体質の男だったり、社会的に賛同されるポジションの男性ではありません。そのため、一般的にはその意見を丸ごと受け入れるのは難しいのが現状です。

あえて蛇足を付け加えるなら「タダほど高いものはない」ということはこっそり、お伝えしたいところです。

当然「維持費」は必要

一般的な常識においては、女性とお付き合いをする場合、1にも2にもお金がかかります。その点彼女を持つためには、お金や時間といった、維持費を支払う必要があります。

若い人なら年間30万。月平均2万~3万。それ相応の社会人なら年間最低50万~。将来を約束する彼女となると、婚約指輪だけで30万50万とお金を払うことになります。

特に彼女が外食やイベント好きなら更に出費はアップ。「○○へ連れていってくれた」「○○を買ってくれた」といった、お金を払う行動を愛情の証明だと考える傾向にあります。

そのため「愛情を証明」しようとするならば、1にも2にも、お金を稼いで、彼女の求めに応じる姿勢を示す必要があります。

こういう話は論より証拠。彼女をどこにも連れて行かず、プレゼントも送らず交際を続けていけばどうなるか?結果論から考えれば、話は早いでしょう。

もちろん身銭を切って彼女にお金を使いまくったとしても、その関係が永遠に続く保証は一切ありません。突如理不尽にフラレる可能性はナチュラルにあります。

例外的に交際にあまりお金がかからない女性(「あれしろ」「これしろ」と要求しない、デートにお金を出そうとしてくる)もいますが、もしあなたがそういう彼女とご縁があるなら。

その彼女は大当たり。今どき珍しいタイプで、「金の切れ目が縁の切れ目」にならないと思われる女性です。今すぐ結婚を申し込む価値があります。私なら即断即決。土下座して結婚をお願いします。

彼女がいなければ自由自在

一方。彼女がいなければ、どこかに食事に連れていく必要もなければ、イベントでプレゼントを渡す必要もありません。

そのため、あなたが稼いだお金は、あなたが自由に使うことができます。

あなたが稼いだお金を常識的な範囲で使用しているにも関わらず、それにいちいち口を出してくる場合は要注意。彼女と分かれる場合、あなたのお○の毛までむしり取ろうとする可能性があります。

ゲーム三昧してもいいですし、ちょっと寂しくなったときは、そういう街に繰り出して、時間分をいろいろ、スッキリすることもできます。

単純に「コスパ」だけで考えるなら、彼女を作るより、適切なサービスにお金を払う方が、明らかにコスパがいいのは否定できない事実です。

したいことをサッとでき、それ以上グジグジ時間を使う必要なく目的を達成できる。この点、合理的といえば、合理的です。

この意味で、彼女を作るか作らないか。それは自分のことだけを考えて生きていくか、自分に加えて相手のことも考えて生きていくか。その選択肢なのかもしれません。

年を取っていくことを忘れないこと

ただ忘れてはいけないのは、あなたはやがて年をとっていく、ということです。

若いときは別の彼女を無理に作る必要性を感じないかもしれません。何より、危機感がないので、無理やり行動を起こす気持ちも起こらないかもしれません。

ただ、30代を超えて40代に近づいていけば、人によっては気持ちが変わる場合も存分に有り得ます。

その点、あなたは実際どうなのか?彼女を作らない気楽な生活の方がそもそも性に合っているのか?それとも、誰かと一緒に暮らしていきたいのか?

その本心については、誰かに話す必要はありませんが、あなた自身、自分の気持ちにウソをつかないことをおすすめします。

最後に

彼女を作ればお金がかかります。そして、人間と人間とのこと。当然、問題も起こります。あなたは彼女に裏切られたり、傷つけられたりすることもあるかもしれません。

人はプログラムではありません。「こうすればこうなる」という絶対のルールもありません。相手は生身の存在です。あなたは振り回され、苦労することもあるでしょう。

一方、彼女を作らなければ、あなたは問題や面倒に巻き込まれることもないでしょうし、彼女の維持費を払い続ける必要もなく、あなたは好きに、お金を使うことができます。

ただし、今後誰かと人生を共有し、ともに時間を過ごしていくことはだんだんと難しくなっていく可能性があります。この点、あなた自身が将来、後悔しない選択をすることが一番大切です。

「俺はいろんな女性と付き合ったが、正直女性とちゃんとした関係を持つのはカンベンして欲しい」というならノープロブレム。

一方であなたが、「実は本音のところでいろんな女性とあんなことやこんなことを経験してみたい」という場合。お金はかかります。あなたのプライドをへし折られることもあります。

でも、そのような経験の後、素晴らしい女性と出会える可能性も無きにしもあらずです。その気さえあれば、いつでも変化することができます。

今やマッチングアプリをしたり、女性がいる習い事に参加したり、婚活をしたり、出会いの機会はいくらでも作れます。ぜひ、将来後悔しないよう、最善の選択を検討してみてください。

こちらもどうぞ

最高の彼女と出会いたいなら数をこなす。なぜなら数をこなすことによって

独身男性が婚活で結婚するために心に刻んでおきたい3つの心得

結局のところ彼女を作るための本質はここに集約される