【究極の選択】結局、今の彼女と結婚すべきなのか?

彼女と一緒にいる男

多分、まともな男なら誰もが真剣に考えて、自分の決断が正しいかどうか、不安におののく。

それが、

「今付き合っている彼女と結婚すべきなのか?」

という問題。

20代ならまだしも、30代に入ってくると、彼女と結婚するのか。

それともそのまま交際を続けるだけの関係にとどまるのか。はたまた別れて彼女を自由にさせるのか。

選択のときが必ず、やって来ます。

この答えについて、正直、私はどうするべきなのか、「正しい」答えなど、とうてい提示することはできません。

なぜなら、この問題について、現在進行系で、私自身が悩みに悩んでいるテーマだからです。

そこでこの記事ではその悩みを考え抜くことによって、間違いがない選択、つまり後悔しない未来を選ぶための、何らかのヒントになればと思い、

「今の彼女と結婚すべきか?」

という問題について、マジメに考えていきたいと思います。

彼女から結婚を迫られるとき

彼女がゼクシィを手にして家に遊びに来る。

この瞬間は、誰もが心に強く不安を感じる瞬間ではないでしょうか。

まるで、

「早くプロポーズしてよ、私の両親に会ってよ」

と言われているかのように感じ、そして自分自身の自由で気ままな一人の暮らしが終わってしまう。そして将来背負うべく様々なことが頭によぎる。

そう、それはきっと、結婚という選択を迫られつつある男なら誰しもが、不安と恐怖を感じるに違いありません。

ではなぜ、今の彼女と結婚することに不安を感じるのか?

その本当の理由については多分、明確な答えが出ないと思います。

例えば、

・彼女が人間的に終わっていて、暴力を奮ったり暴言を吐いたりする。

・彼女の三等親以内に反社会的勢力の人がいる。

など、ハッキリとしたためらう理由があるなら、不安を感じるのも当然です。

しかし、顔がどうだとか、身体の相性がどうだとか、性格がどうだとか、そういうことはたいてい、長く付き合った女性なら、我慢できること。

つまり許容できる範囲の問題だと思います。

となると、それらの問題が不安の根本原因ではない可能性があります。

理屈で答えを出してはいけない!

そう考えると、一体何が結婚に対してためらいを感じさせるのか。その謎は深まるばかり。

それで、既に結婚した友人たちに、「なぜ君はその女性と結婚したんだい」と聞くと、答えは人それぞれ。

「タイミングがあったから」

「彼女の稼ぎがいいから」

人それぞれ、答えはまるで違います。

次にグーグルで、「彼女と結婚してもいいのか?」と検索しても、どうにもピンとこない。

もちろん、見極めるポイントはあるでしょう。性格とか、お金遣いとか、ご両親とか。

でも、すべてのチェックポイントをクリアした女性だからといって、本当にそれでいいのか。

ここで考えていることは、そういう話です。

関連記事

彼女の本性を見抜くことは簡単ではない。ただしこのポイントをチェックすることで

結婚=ガチャ説は正しい?

世の中不思議なのは、好きで好きで結婚したのに、あっさり別れてしまうカップルがいる。

その一方で、結婚前はそんなに好きな彼女ではなかったけれど、結婚したら実はあげまんで、最高に幸せなカップルなった。

そんなケースが案外多いように思います。

となると結局、理屈であれこれ考えたとしてもダメで、最終的には結婚するかしないのか。要は覚悟の問題になってくるのだと思います。

ここで、彼女と結婚すると得だとか、損得を考えて結婚選ぶと、人間性が汚れた挙げ句、取らぬ狸の皮算用で、かえって損をする気もします。

だから最後に重要なのは、今の彼女と結婚する覚悟があるのか。それともまだ結婚したくないのか。

その一点に集約されるのではないかと、考えています。

それは、周りが結婚しているとか、親から早く結婚して孫の顔を見せろとか、彼女に対する責任の取り方とか、そういう問題ではありません。

自分自身の覚悟と決意。それこそが結婚という証ではないか。そこで試されているのは、男としての姿勢のような気がします。

それで結局どうすればいいのか?

もし迷うなら迷ってみる。可能な限り迷ってみる。ただし、それは3ヶ月以内。

それ以上考えて迷うことは、それからも迷い続けます。つまり、現時点では結婚はやめたほうがいい、という証なのかもしれません。

というのは、正しい選択をするときはいつも、心は晴れた空のようにスッキリとした心持ちになります。

しかし、どうにも迷って答えがでない。理由が何であれ、迷って迷って答えがでない。そういうときに下す決断は、たいていハズレと相場が決まっています。

つまり、「今がそのときではない」ということなのだと思います。

とはいえ、彼女が結婚を急ぐ理由があるのであれば、男としての誠実さを示す必要だってあるでしょう。

その場合はもしかしたら仕方がないことで、潔く結婚を決めることが大切なのかもしれません。

関連記事

30代の彼女と付き合ったら、絶対に責任を取るべきなのか

最後に

でも正直、結婚は不安です。

この彼女とずっと暮らしていけるのか。離婚にはならないか。子供ができたらどうするか。家を買うのか。

そんな現実的な問題の連続です。

そして、自分の時間がなくなり、自分だけの人生から、誰かのための人生を生きる。そんな人生の劇的なパラダイムが訪れます。

つまり、男は結婚することによってある意味一度、死ぬのかもしれません。

結婚して家庭を持つ。そこで男は生まれ変わり、第二の人生へ進んでいく。それがある意味、人生における成長なのかもしれません。

しかし、一度結婚という決断を下せば、もう二度と、後戻りはできません。

だから悩めるうちが花。悩める時間があるならば、絶対に後悔しないように考えて考えて、答えを出したいものです。

結婚後に彼女が豹変して・・・、なんて最悪ですからね。

こちらもどうぞ

【やめておけ】男を裏切る女の5つの特徴

結婚するなら若い女性。ただし若くても性格が悪い女性は危険

結婚するなら理想は不要?婚活で理想を妥協すべきか