「上司や先輩が次々とリストラ。会社に将来性はあるか?」と不安を感じたときの対処法

リストラされた男

「最近、上司や先輩がリストラされた。それだけでなく残業カットも増えてきた。もしかしたらうちの会社は経営不振でヤバいかもしれない。今のうちに転職した方がいいのか・・・」

働いていると、こんな不安を感じることがあります。

自分の身近な上司がリストラされてしまった。今の自分は若くて転職できるからいいけど、もし自分がこれから年を取って、40代でリストラされたら人生どうなってしまうのか。

今の時代、一つの会社でずっと働き続けられるのはとても幸運なことです。

東芝やパナソニック、大手企業ですら人員削減でリストラを実行しているなか、自分の会社もこれからどうなるか分かりません。

20代や30代前半でリストラされたなら、まだすぐに転職して人生をやり直すこともできます。しかし問題なのは、再就職が難しい40代になってリストラされてしまうこと。

そのため、今あなたが20代や30代で、会社の40代の上司がリストラされてしまう現状を目の当たりにすれば、「自分は将来大丈夫なのか?」と不安を感じるのは自然なことです。

むしろ、「この会社で働き続けるのは大丈夫なのか?もしかして経営不振でヤバイのではないか?」と疑うくらいがちょうどいいかもしれません。

安全な会社の見分け方は?

リストラは人の人生を狂わせます。真面目に働いてきたのに、突然リストラされ、おまけに再就職も難しい。そんな事態は絶対に避けたいもの。

そこで大切なのが、自分の会社の将来について、冷静な見極めをすること。

・会社が経営不振に落ちっている兆候はあるか?

・自分が40代50代になっても会社は存続する見込みはあるか?

・業界的に先行きは大丈夫か?

など、今だけでなく先を見据えることが長いサラリーマン人生を生き抜くコツ。

当たり前ですが、今働けていること、給料がもらえていることは、当たり前のことではありません。人生の「まさか」は突然やって来ます。

だからこそ、もし危険な匂いを感じたら、すぐに次の一手を打っておく。それがあなたの生活を守ります。

たとえば、今のあなたの会社にこのような兆候はありますか?

・会社が早期退職者の募集を開始。先輩や上司が次々とリストラされてしまった。にも関わらず業績は回復しない。

・会社の雰囲気が著しく悪くなった。人間関係がギスギスしていて心を病む社員が増えた。

・ボーナスカットが続いて、最近では給与が遅延することもある。

会社が倒産して、仕事を失う。それは辛いことですが、会社は突然消えません。倒産するには必ず「倒産しそう」という兆候が出てきます。

なので会社の将来性を見ておかないと、会社からリストラされたり、会社が倒産して仕事を失ってしまいます。

どんな会社も絶対の安泰はないけれど

一番最悪なのは、転職が難しい年齢になって仕事を失うことです。30代後半をきって、40代になってくると、本当に転職が難しくなってきます。

そのため自分の生活を守っていくためにも、今の会社で働き続けることはできるか、会社の将来性は安心か、冷静に見極めたいものです。

万が一会社の将来性に不安を感じた場合、転職がしやすいうちに転職をすることもできます。

もちろん、未来永劫安定した会社などありません(天下り団体をのぞいて)。今会社が安泰だったとしても、突然何が起こるか分かりません。

買収だったり合併だったり、人員削減だったり、将来何があるかは誰にも分かりません。

そんな状況で私たちにできることといえば、将来の不測の事態に備え、生き残る術を確保していくことではないでしょうか。

会社の上司や先輩がリストラされていなくなっていく。そんななかで会社に未来を見いだせるか。それとも新しい道を見つけた方がいいのか。

会社と運命を共にする気がないなら、常に最悪を見据え、未来に備えたいもの。

「上司や先輩がリストラされて、会社の将来性に不安を感じてきた。今の会社で働き続けていいのか?」

とお悩みの方は、不安を不安のままにせず、何か行動を起こすことをおすすめします。

会社の将来に不安を感じたときから登録しておきたい転職エージェント