価値観の合わない結婚は不幸のもとである

幸せな男

結婚生活はときめきや刺激ではなく現実。

そこで何より必要となってくるのは、価値観の共有です。

自分の考え方とは180度違う相手と365日ともに暮らしていく。それはとてつもなく難しいことです。

価値観が違う相手と暮らしていくということ

想像してみてください。

・あなたにとって正しいことが、相手にとって正しいことではない。

・あなたにとって大切な大切なことが、相手にとって大切なことではない。

このような場合、どうやって相手と折り合いをつけていくのか?

もちろん、あなたが「妥協」して、相手の価値観に歩み寄ることもできるかもしれません。

また、相手が人の話に耳を傾ける器量がある女性なら、価値観の違いを乗り越え、ともに新しい価値観を創造していくこともできるかもしれません。

が、現実問題、人はそうやすやすと変わりません。いや、性格には、人を変えることはできないのです。

そのため、価値観が合わない相手と仲良くやっていくのはとても難しい問題です。だからこそ、「価値観の不一致」が離婚問題へと発展するのです。

不幸な結婚をしないためには

「価値観が合わない。どうにも相手の考え方を受け入れることができない。いっしょに暮らしていくのもストレスだ」

この悲劇を避ける方法は一つ。最初から価値観が共有できる相手と結婚すればいいのです。

結局、結婚においては、似た者夫婦が最強です。考え方、価値観が似ているため、刺激の面では物足りないところがあるかもしれません。

しかし、自分と同じ価値観を共有している。話が通じる。考え方が似ている。それによって救われることがたくさんあります。

価値観が共有できない相手と結婚する場合、何から何まで、いちいち話し合いをして折り合いをつけなければいけません。

おまけに、話し合っても平行線のまま分かり合えないこともしばしばです。それは結婚生活において、大きなストレスになります。

夫婦を根本でつなぐもの

一方、価値観を共有する相手とはその点話が早いです。

自分と同じように考え、自分が大切にしていることを大切にしてくれる。長い結婚生活においては、「当たり前」と思えるようなことを共有していくことができる。

だから、意見の対立があったとしても、本質的な部分での不一致は起こりえません。問題が起こったとしても、話し合って解決していくことができます。

そうして、夫婦のつながりを、よりいっそう強めていくことができます。

だから、結婚生活の満足度も高く、離婚の危機も回避でき、一生のパートナーとしてともに暮らしていくことができます。

根本に価値観の共有があるからこそ、何が起こっても、夫婦は夫婦として、つながっていくことができます。

幸せな結婚をするために

自分と正反対の相手と結婚することは刺激的で、違うからこそワクワクすることも確かにあるかもしれません。

しかし、自分と考え方が違う。価値観が共有できない。同じ未来を見ることができない。それは悲しいことです。

価値観の違いが溝を作り、愛を遠ざける現実があるとすれば、やはり、愛を近づけるのは、価値観の一致。同じ視点、同じ考え方を共有できるかどうか、そこにかかってきます。

結婚は生活。つまり現実です。2人の男女が家族となり、ともに生活していく現実です。

結婚で失敗しないためには価値観を共有できる彼女と結婚するのが一番。

結婚を考えたときはぜひ、「この子と自分は分かり合える、価値観を共有できる!」そんな彼女を見つけてみてください。

withで価値観を共有できる彼女と出会う