上司とソリが合わない。「冷遇されている」と悩んだときの考え方

パワハラする男上司

「今の会社に勤めて3年。部署が移動になり、新しい環境で働き出したが、そこの上司から冷遇されている。なぜか辛く当たられて、「使えないやつだ」的な扱いを受けている・・・」

仕事をしてどうしても悩んでしまうのが、上の上司との関係。

なぜ上司が気になるかといえば、自分の将来を握っているから。全ては上司のさじ加減一つ。上司に気に入られれば、会社に「この部下はできます」と良い評価がもらえます。そうなるといろいろ得です。

しかし、不当にも「この部下は使えない」という評価を受けて冷遇されてしまったら、その評判がのちのちの出世に影を落とすかもしれません。

ただし上司に権力がなければその限りではありません)

何にせよ、上司の存在は無視できない存在。サラリーマン人生、上手くやっていけるにこしたことはありません。

上司も人の子

ところが、それがなかなか難しいのが世の中の現実。

上司との関係とはいえ、所詮は人間関係。水と油のように、ときにどうしようもなく相性が悪い場合があります。特に、上の上司の相性が悪かったら最悪。

相性が悪いというのは感性が違うということです。何をやるにも、「こいつはどこか気に食わない」という感覚が上司にはあるので、上司に好かれようと頑張っても焼け石に水な場合が多いかもしれません。

とはいえ、上司に疎まれて働くのもかなりツライもの。上司に冷遇され不当な評価をされてしまったらどうすればいいのでしょうか。

考え方としてはいくつかあります。

一つはまた部署移動になるまでひたすら耐えること。他の考えとしては、いっそ転職してしまうことです。

もし上司の冷遇に我慢できる範囲である場合、「見ざる言わざる聞かざる」で耐えるのも一つでしょう。

実際、部署移動で上司が変わったとたんに働きやすさがガラリと変わるのがサラリーマンという仕事。

今の上司に冷遇されているのは「ただ運が悪い時期なんだ」くらいに考えて、あまり気にしないくらいがちょうどいいかもしれません。

こんな場合はすぐに行動

しかし問題は次のケースです。

上司が業務に必要なことを話してくれない。存在を無視される。パワハラされて精神的に病みそうになる。こういう場合、我慢していてもどうしようもありません。

上司の冷遇が完全に超えてはいけないラインを超えている場合、上司の上司や会社に相談するなど、できることはした方がいいでしょう。

それにも関わらず問題が解決しないようであるなら、その会社はある意味未来がないので、転職を考えるのも現実的な方法です。

不当に冷遇された挙句、リストラでもされたら、たまったものではありません。状況が悪くなる前に、何らかの手を打つことが必要になってきます。

結局、上司は運である

すまじきものは宮仕え、サラリーマンの難しいところは、自分以外の第三者によって自分の環境が決まってしまうところにあります。

どんなに上司と上手くやろうと頑張っても、相性が合わないとどうにもならない場合が少なくありません。

実際問題、上司も人間なので、本人が意識していようがそうでなかろうが、好き嫌いで決めているところがあるはずです。

上司好かれていればそれでいいのかもしれませんが、特に理由がないのに嫌われてしまったら、それだけでいろんな不利益を被ってしまいます。

おまけに、部下をいじめてパワハラする人間的に終わっている上司に限ってなぜか出世したり、世の中で働くことはいろいろ不公平かもしれません。

上司に嫌われたとしても

ただ、どんなときも、あなたには選択肢があります。

我慢できる程度の上司であれば、そんな上司はタコとでも考えて、言動全てをテキトーに受け流していけば、いつかその上司との関係は終わります。

上司と相性が悪いからといってすぐに転職していれば、そのうち行き場をなくしてしまう危険があります。

しかし、状況が職場いじめやパワハラなど深刻な場合、然るべき対応が必要になってくるでしょう。場合によっては転職することが、最善の対応策になるかもしれません。

上司の冷遇は我慢できる程度でなのか。それとも一線を超えた理不尽なものなのか。そこを見極めた上で、すべき選択をしたいものです。