「女性問題」で人生終了したくないあなたが心に刻む価値がある話

浮気現場を盗撮されている男

この記事は、あなたが世間よりも平均以上に稼ぐ男であり、既婚者であり、そしていわゆる将来有望株として、社内でも注目を集めている30代~40代男性のための記事です。

妻に子どもあり。そして、何より仕事も順調で経済的に恵まれている。そんなあなただからこそ、この言葉はきっと、意味がある言葉になるでしょう。

人生終了しないために、頭の片隅に入れておくことで、そのピンチを予防することができると信じます。

はじめに

あなたは知っていますか?

仕事がうまくいき、経済的に成功している。そして、妻と子どもがあり、社会的にも立派な男と認識されている。

にも関わらず、たった1つのあやまちによって人生が180度激変。仕事を失い、家庭を失い、社会的に名誉を失い、どん底に落とされる。

別におどすつもりはありませんが、世の中にはこういう危険がある、という話です。

ではそれは一体何なのか。ずばり、「女性問題」です。

将来有望な男が女性問題で失脚するお約束のパターン

会社で出世街道を爆進する男。にも関わらず出世の道を閉ざされ家族からも見捨てられてしまう。

そこには1つのパターンがあります。それが、女性で失敗すること。

1・妻子がいるのに女性と不倫関係になる。

2・男は女性を手軽に性欲を解消できるセフレとして認識して、女性と付き合う

3・女性のほうがマジになり、男性に妻との離婚をせまる

4・男性が女性を切る

5・切られた女性は男性に恨みを抱き、復讐する

6・男性の行為が世間にバレ、その責任を取ることになる

7・人生が180度激変、詰む

これが決まりきった、将来有望な男が女性で人生が台無しになる典型的なパターンです。

仕事がうまくいくと妻だけでは満足できなくなる罠

仕事がうまくいき、収入も増え、余裕が出てくる。

そこで改めて欲が出てくるのが女性の願望です。

つまり、ある程度社会的にうまくいっている男性というのは、結婚していようが独身だろうが、女性に対して意欲が強くなっていきます。

その結果、独身男なら結婚してそれでノープロブレムですが、結婚している男なら話は別。いわゆる不倫関係に発展。

その後の男性の対応によって、まさに運命が180度変わっていきます。

不倫でよくあるのは、40代男&30代女や30代男&20代女という、いわゆる10個下の組み合わせ。

そして、女性が既婚であろうが独身だろうが、この組み合わせがハマるとヤバい。とくに、女性が男性に対して「本気」になった場合が、尾を引きます。

このケースが一番ヤバい

一番問題なのは、女性が独身で、かつ、男性との結婚を希望している場合。

世の中にはいろんな女性がいて、とくに「妻がいる男性」に強い魅力を感じる女性がいます。こういう女性に引っかかるとヤバいです。

なぜなら、男性の家庭を平気でぶち壊すような行動をしてくるからです。具体的には、わざと男性の妻にその存在を察せられるような行為をします。

男性が妻といると予想される時間(休日の食事中など)に電話やLINEを送ってきたり、わざと男性の家の近くに出没したり。

あくどい女性になると、男性の服にそれとなくニオイがつくような「細工」をしたり。つまり、男性の妻に、それとなく「私はここにいますよ」というサインを送るのです。

男性の妻がそのサインに気づけば、あとはすべて女性の筋書き通り。やがて男性は人生が詰む第一歩を踏み出します。

これがさげまんの正体

なぜこの手のタイプの女性がヤバいのか?

それは、そもそもが男性の持っているものをぶち壊したい願望があるからです。そう、いわゆるさげまんの女性です。

「妻から男性を奪いたい」女性が相手の場合、別れるまでの対処法が重要で、下手に手を切ると、逆恨みされます。

ストーカー問題に発展したり、つまり男性は無傷でいられなくなります。

女性が男性の会社の部下なら、女性は「自爆」行為も辞さず、男性の評判をとことん落とそうとします。

そうなれば男性はもう、無傷ではいられなくなります。とくに、男性側が出世コースに乗っているエリートなら、そのダメージは致命的。

女性はいかに男性に対して社会的にダメージを与えられるかを計算した上で、自爆行為に走るでしょう。

万が一、そういう女性に手を出してしまった、自分の女運の悪さを嘆くしかありません。できることは、最悪妻だけは失わないよう、誠実に対応する他ありません。

最善策はただ一つ

それで結局男性が女性問題で人生終了しないためにはどうすればいいか。

大切なのは女性の切り方です。ここで万が一、不誠実な対応をしてしまった場合、その責任を男性自らが取る必要が出てきます。

例えば昔いましたよね。

長年の愛人だった芸者と別れるさい、お金をケチって不誠実な態度を示した某政治家がその話をマスコミに暴露され、完全失脚してしまった某政治家が。

つまり別れの作法をあやまると、このような実害が発生します。

もし女性と別れを決めたらなら、女性と誠実に話し合う。お金を要求されたなら是非もなし。ハッキリとケジメをつけることが大切です。

このように、面倒な女性関係は男の人生を台無しにさせます。万が一、妻以外にその関係を求めるなら、できる限り、慎重に振る舞う必要があります。

ここに男の人生の罠がある

この意味でぜひ注意を喚起したいのは、そもそも妻がいる男性と付き合おうとする女性はすべてリスクがある、という話です。

考えてもみてください。男性には妻と子がいる。そんな男性と付き合おうとするのが、どんな女性なのか。

そこで、女性に手を出す段階で、最悪妻と別れること。もしくは不倫をバラされて社内での評判や、経済的損失を被る可能性を覚悟する必要があります。

それなら冗談抜きに、プロの女性にお金を払って相手をしてもらったほうが、確実に実害を減らすことができます。

あなたもご存知のとおり、浮気による慰謝料の代償は非常に大きいです。

これなら、「風俗で一発抜いてこればよかった」と思えるくらい、支払う代償は甚大になるでしょう。

盗撮に注意

今や、スマホや盗撮ツールなど、簡単に「証拠」が手に入る時代です。

早い話、誰かと表にできない関係を作っている場合、それはいつでも、脅される証拠を握られる可能性があります。

よくある話がいわゆるハニートラップ。女性が悪意を持って男性に近づき、関係を持ち、それをネタに男性を脅す、という話です。

あまりよくあるケースではありませんが、有名な会社の部長が部下の女性と不倫関係になり、その裏にはなんと悪い男がいて、部長を脅し、金を搾り取り続けた。

そんな怖い話もあります。

これは極端な話かもしれませんが、今や簡単に浮気の証拠は確保できます。用心にこしたことなし。

浮気していた女性に実はこっそり証拠を作られており、それでゆすられて挙げ句妻にも会社にもバレた。

それはまさに、最悪のケース。ダメージは、甚大という他、ありません。

最後に

以上、これから世の中で活躍し、まさに人生の絶好調を迎えようとしている男性のあなた。そういう人ほど、実はその道に罠が潜んでいます。

その典型が女性問題です。

仕事がうまくいく。収入もアップし自信満々になる。すると女性にもモテるようになり、いろんなお楽しみができるようになる。

ここに、罠があるのです。

独身の方でも、面倒な女性に引っかかれば、結婚→離婚→慰謝料や財産分与という代償を支払うハメになります。

しかし、既婚の男性に比べれば、まだ社会的な実害はありません。

問題は、自分より若い独身の女性と不倫をしている既婚者の男性。このケースの場合、文字通り、それが「人生が詰む」トリガーになりえます。

ぜひ、お相手の方がいれば、その人と別れる際、穏便に別れられるか。そこをしっかり、考えることをおすすめします。

それができないなら?せめて、最大限の誠意を示すことが、あなたの社会生命を救う道になるかもしれません。

こちらもどうぞ

【やめておけ】男を裏切る女の5つの特徴