「女らしい優しい女性と結婚したい」と希望するあなたが知っておきたいこと

こんな美人の妻が欲しい!

外見は清楚。性格は家庭的で、家事料理はばっちり。控えめな性格で夫を立て、常に自分は一歩引く。

そんな大和撫子的な女性と結婚をするのは男の誉れであり、憧れ。

もしあなたが、そのような家庭的で女性的な女性と結婚したいと願うのであれば、一つ注意したいことがあります。

それは、「男性ホルモン値が高い女=肉食化した女はやめとけ」ということです。

男性化する女性

男性ホルモンは男性だけのホルモンではなく、実は女性の体内でも分泌されています。

例えばあなたの周りにこのような女性はいませんか?

・気が強く、自分の意見を堂々と主張する。

・旅行好き。女性なのに一人で平気で旅行に行く。

・いわゆるおっさん女子。女性なのにガサツで豪快。

・性に開放的。経験人数も豊富。

男性ホルモンは社交性や行動力に影響します。

近年は、男性が草食化し、女性が肉食化していると言われていますが、これはずばり男性ホルモンの関係。

男性の男性ホルモンが減少し、女性の男性ホルモンが増加。だから女性はどんどんアクティブになる一方で、男性はどんどん大人しくなっているのです。

「女性は女性らしく」と考える方へ

肉食化した女性は行動が積極的です。

「自分探し」の旅に出かけ、気になる男性がいれば自分からどんどんアタックしていきます。そのため恋愛経験も豊富。家庭に腰をすえてじっくり落ち着けるタイプの女性ではありません。

以上のことを踏まえると、「家庭的で女性的な女性と結婚したいなら男性ホルモン値が高い女はやめとけ」という理由が見えてきます。

大和撫子的な、男を立てる一歩引いた女性というのは、いわば女性ホルモンが多い女性です。一方、積極的に行動を起こす強い肉食系の女性は、男性ホルモンが多い女性です。

あなたが「気が強くたくましい女性と結婚したい」というなら話は別ですが、家庭にしっかりおさまって、男を立ててくれる女らしい優しい女性とのご縁を望むなら、男性ホルモン値が高い女性は避けたほうが良いでしょう。

女性の男性ホルモンが高ければ家庭内で縄張り争いが生じます。つまりどちらが上か下か、夫と妻に競争意識が芽生えます。

それは刺激的で、男勝りな女性が好きな男性からすれば、魅力的な存在かもしれません。

しかし、あなたがもし「女性とはこういうものだ」「妻は女性らしくあってほしい」という考えをお持ちであるなら、女性ホルモン値の高い、女性らしい相手を見つけるのが安心です。

男性ホルモンが高い女性の特徴

ではどうやって、男性ホルモン値が高い女性を見分ければいいのか?

特徴は次の通りです。

・体毛が濃い

・体臭が強い

・性欲が強い(=肉食系)

・行動が積極的。

・冒険心が強い。(=旅行好き。海外に留学経験があったら間違いなし)

・支配欲、独占欲が強い。

・競争心が強い。

・男性経験が豊富。

男性ホルモンは、外見的な部分から、その人の内面的な部分、性格の部分にまで影響を及ぼします。

特徴を理解して、気になる彼女は男性ホルモンが強いタイプなのか、そうではないのか、確認しておくことが大切です。

まとめると

以上、女性の男性化を踏まえ、なぜ「女らしい優しい女性と結婚したい」と希望する場合に知っておきたい女性と男性ホルモンの話でした。

「最近の女性は」という言い方は適切ではないですが、私のように男性化した女性がたくさんいる環境で育った世代としては、大和撫子はもはや絶滅危惧種ではないか、と思えるくらい、女性が積極的で活動的。

その現実を見ていると、やはり男女の関係においては、男らしさや女らしさという要素は、とても大切だと実感します。

だからこそ、「女性らしい女性」と結婚したい場合は、彼女の肉食度をチェックしておくことは、決してムダではありません。

「俺は彼女に食われてもいい!」という方をのぞいて、「妻に支配されるなんてまっぴらごめんだ!」という方は、この話を記憶の片隅にでも覚えておいてください。

人生の決断を迫られたとき、将来後悔しないための参考の一助になるはずです。

人生を台無しにしないために知っておきたいサゲマンの特徴