人生でやり直しがきくのは何歳までなのか

時間を気にする男

多分、男の人生において35歳という年齢は、致命的な意味を持つ年齢だと思います。

35歳というのはいわゆる転職の限界期。

「今の仕事がダメで転職したいと思っても、それができるのはせいぜい35歳まで。35歳を超えてしまうと、もはや自分が思ったようなカタチで転職はできない。だから、転職するなら35歳までに決断しておけ」

これが一般的な考え方になりますが、それを考えると、人生はもしかしたら、35歳を境目に、完全に方向性が決まってしまう。

そんな気もします。

「今の暮らしでは満たされない」という不満

人生先のことを考えるのは今何かが不満なとき。

だから、

「今の人生は自分の思っていたのとは違う。このまま、年を取りたくない!」

という場合は、何としても35歳までに何らかのカタチを出しておかないと、そこから人生を積み上げていくのが難しくなってしまうところもあるかもしれません。

転職するのが一般的になったとはいえ、日本の転職はアメリカの転職とは違って、転職のたびに収入が下がるリスクがあります。

となれば、人生の舵を見失わないよう、30歳を超えたあたりから、将来のことを見据えて、身の振り方を考えていく必要があるのかもしれません。

かくいう私も、30歳で人生の進路を大きく変更して今に至り、そして35歳を目前にこれから先のことを考えています。

人生はやり直せる、何歳になっても

とまぁ、35歳限界説という一般的な視点を書いてきましたが、もちろん、例外はあります。

人生必ずしも35歳で決まってしまうわけではなく、人と違う道を歩むことを認めるのであれば、人生は35歳でなくても、いつでもやり直しがきくのも確かでしょう。

例えば、最近よく聞くのが、30すぎまでずっと会社員をしていて、会社を辞めて大学に入学し教師の資格を得て教師の転職した人とか、医学部や看護学科に入学して医療系の仕事につく人とか、会社員を辞めて手に職をつける人が増えているそうです。

なかには40歳を超えて人生の進路を変えた人もいるようで、人生は自分が思ったより可塑性があるものなのかもしれません。

会社で出世を目指す。そういう生き方にこだわらなければ、資格を取って人生やり直したり、自営業になったり、別の道が常にあるのだと思います。

最後に

結局は大切なことは、人生やり直してどうなりたいのか。

仕事、プライベート、お金、人間関係、どういう暮らしが自分にとって理想的なものなのか。そこを考えて動き出すことが大切なのでしょう。

そこに年齢も何も関係ありません。

今の暮らしはダメだ。人生やり直したい。そう思ったら、何かできることがきっとあるはず。

もしかしたら、人生、自分の思ったように何もかもやり直すことはできないかもしれません。でも、「~すべき」をやめて、いろんな可能性に目を向けていけば、まだ実現されていない理想の暮らしが見つかります。

年齢なんて関係なくて、最後には自分次第。可能性は常にある。何歳になっても、そのことを忘れたくないものです。

30代でも資格取得して脱サラすれば人生をやり直せるか?