お金を無駄にしない。育毛剤と発毛剤の決定的違いとは

迷う男

「最近、髪が気になってきた。オヤジも薄かったし、もしかしたら俺も・・・」

そんな不安を感じたときに試したいのが育毛剤や発毛剤などの商品。

現在、薬局やネットで様々なハゲ対策商品が販売されているので、自分に合った商品を選ぶことができれば、髪の毛の悩みを解決し、将来安心して髪の毛を守ることができます。

とはいえ、育毛剤や発毛剤は一体どんなときに使えばいいのか?実際何がどう違うのか?初めての方には分かりにくいところがあります。

そこでこのページでは、育毛剤と発毛剤の特徴と違いを分かりやすく解説。

「最近髪の毛が気になりだして、ハゲの不安を感じているが、育毛剤とか発毛剤とか、何を試せばいいのだろうか?」

と迷っている方は、参考にしてみてください。

育毛剤のポイントは抜け毛を予防しハゲを予防すること

用途は抜け毛防止。育毛剤は血行促進して頭皮環境を整えます。それによって、髪の毛が生え続けるための環境を作っていきます。

このため、最近抜け毛が気になりだした方は、まず育毛剤から始めてみるといいかもしれません。

注意点ですが、育毛剤では毛が生えてくることは期待できません。

育毛剤それ自体に発毛効果はありませんので、もう既に髪が失われてしまった状態で育毛剤を使っても、期待外れに終わる可能性が高いです。

育毛剤はあくまで、まだ髪があり、かつこれからの抜け毛を予防し、ハゲを防ぎたい方向けのアイテムです。

育毛剤を使うことで、髪の毛が健やかに成長しやすい土台を作り、それによってハゲを防ぐ。そんな商品です。

具体的にどんな育毛剤があるのかというとこちらの商品が有名です。

発毛剤で失われた髪を取り戻す

一方発毛剤は、ずばり発毛促進するためのもの。

発毛剤は厚生労働省が認可している医薬品で、毛母細胞を活性化することで、発毛を促す効果が期待できます。

今まだ髪の毛がある人は発毛剤を使う必要はありません。)

とはいえ効果には個人差があり、最低3ヶ月から半年、長くて1年は使用しないとフサフサになるのかどうか、結果が分からないところが難点。

また副作用が出る場合もありますので、既往症をお持ちの方は、安易に発毛剤を試すのはリスクがあるかもしれません。

ただ失われた髪を取り戻す手段としては、もう発毛剤の効果を期待するほかありません。真剣に髪の毛を回復させたいなら、発毛剤やAGA治療を検討するのがよいでしょう。

最後に

以上が育毛剤と発毛剤の違いになります。

抜け毛が気になりだして将来のことが不安になったらまず育毛剤によるセルフケアからスタートするのが鉄板。

抜け毛が減るだけで、髪のボリュームや髪の保有量はダンゼン違ってきます。それによって「ハゲになるかもしれない」という不安を解消でき、毎日安心できます。

一方、もう既に薄毛の症状が進行し、髪の毛が失われてしまった場合、発毛剤を検討しみる価値があります。

外用タイプのリアップ等、個人で試せる発毛剤もありますが、やはり安心して発毛に取り組む場合は、AGA治療で、専門家のケアの元、発毛に取り組む方が安心できるかもしれません。

いずれにせよ大切なのは、今のあなたの状態に応じたケアをしていくこと。髪の毛で気になる悩みがあれば、まずはできることから、始めてみることが大切です。

今ならまだ間に合う!?薄毛予防のための育毛剤ランキング