なぜ将来成功する男は高級ホテルや高級レストランに自己投資するのか?

高級ホテルに彼女とチェックイン

自己投資の本を読むと頻繁におすすめされていること。

それが、半年に一回は、パリッとした服装で一流のレストランや一流のホテルを利用すること。

「一流のレストラン?腹が満たされれば何でもいいだろう」

「ホテルって言っても結局は寝る場所だ。ベッドがあればどこでもいい」

と疑問に感じているあなたは、もしかしたらこの記事を読む意味があるかもしれません。

はじめに

まずはじめに、わざわざ高いお金を出して一流のレストランやホテルを利用する。

これに一体どんな意味があるのかというと、早い話、場馴れの経験値を積むためです。

社会に出て上を目指していく。するとそこには、一流の壁があることに気づきます。

それは育ちという言葉でもいいですし、環境という言葉でもいいのですが、一流の世界を知らないこと。一流の世界に馴染めないこと。

それが「この人は野暮だ」→「見込みなし」というような悪い連鎖につながります。それが成功へのチャンスを逃す原因になってしまう可能性があります。

一流慣れの自信はこうして身につける!

それと同時に、レストランにしろ、ホテルにしろ、一流どころはサービスが違います。

接客している人、その場所の雰囲気。それは明らかに、二流店とはすべてが違います。

その場所におり、空気に触れ、サービスを利用することによってあなたは、一流を体験することができます。

するとどうなるか?

目が肥え、審美眼が深まります。何より、自分が一流の場を経験することによって、場馴れ可能。

いざ仕事でそういう場所に連れていかれたときも、キョドらず、堂々と振る舞うことができます。

これは、大きなアドバンテージになります。

モテ力アップにも密かに貢献

大人の世界において、キョドって自信がなさそうに振る舞うのは致命的です。

「この人はダメである」という烙印を一瞬に押される可能性があり、それは特に、ビジネスの世界では致命的。

この意味で、一流の場を知っていること。どんな高級レストランでも堂々と場の空気に馴染み、その時間を楽しんでいる姿を誇示できる。

これは大人の世界において、計り知れないプラスの効果をもたらします。

何より単純に、デートで女性を誘うときにも、そういう場所に女性を誘いバリっとリード。

そうなれば、男としていろいろ、満足な時間を過ごすことができるでしょう。

最後に

このように、一流のレストランや一流のホテルを利用し、そのサービスを自ら味わってみる。

これは自分の人生をプラスにする、経験値自己投資になります。

もちろん、毎月大金を出してそんなことをする必要はありません。しかし年に1度。できれば2度。

服装を決めて高級店で高級料理を楽しみ、高級ホテルで一夜を過ごす。

その体験は、あなたの上昇志向を刺激して、さらなる高みを目指すエネルギーになることでしょう。

ということで、

「半年に一回は、パリッとしたスーツを来て、一流のレストランや一流のホテルで豪華な時間を過ごせ!」

という話は納得できるだけの理由があります。

「ピン!」と来たあなたはぜひ一度、ご自身で体験。その効果を実感してみてはいかがでしょうか。

一流のサービスを知るというのは、本当に大切です。

こちらもどうぞ

目指すは絶対生き残るマン。将来の自分のために今すぐ自己投資しておきたい3つのこと

英語で人生に安心を。ビジネスマンのためのおすすめ英語やり直し法

20代は貯金より自己投資。自分を磨けばお金はあとからついてくる