ヒゲを脱毛したほうがいい人 脱毛しないほうがいい人

ヒゲ脱毛を検討中の男

「ヒゲが濃すぎる。毎日剃っても青髭で見た目年齢+20歳状態だ・・・」

そんなときに検討したのがヒゲの脱毛ですが、こちらの記事でご紹介しているとおり、

「ヒゲで悩んだら絶対に脱毛したほうがいい!」

とは100%正直に言えないのがヒゲ脱毛の現状です。

実際のところ、人によっては、むしろ脱毛をしないほうが良い場合もあります。

そこでこのページでは、ヒゲ脱毛をしたほうがいい人、脱毛をしないほうがいい人の特徴を分かりやすくまとめました。

ヒゲを脱毛してしまえばもはやかんたんには脱毛前の自分に後戻りすることはできません。

ヒゲの脱毛をするべきかやめておくべきか悩んでいる方は、決断を下す前に、ぜひ一度じっくり考えてみてください。

こんな方は脱毛した方がスッキリできます

まず単刀直入、ヒゲを脱毛して幸せになる確率が高い方の特徴はずばりこちらです。

・ヒゲによって見た目で大きく損をしている。そのことを自分でも強く自覚している。

→ヒゲを脱毛すれば高確率で自分がイケメン化することが確信できる。

・毎日のヒゲ剃りがともかく面倒。時間が惜しい。

→ヒゲに興味がない。ただただ面倒なだけで、ヒゲ剃りの時間さえ節約できれば、毎日がもっと楽に過ごせることを確信できる。

・将来ヒゲを生やす予定なし。ヒゲに嫌悪感を抱いている。

→ヒゲ自体に嫌悪感を持っており、できれば自分も含めヒゲメンは見たくないと断言できる。

基本的にヒゲを脱毛すれば、時間はかかるものの、ヒゲは劇的に生えてこなくなります。

それにともない見た目の印象がアップし、また、毎日の煩わしいヒゲ剃りから自由になることができます。

そのため、

・日々、周囲からいじられるくらいヒゲが濃い方

・剃っても剃ってもヒゲが生えてきて悩んでいる方

などは、思い切ってヒゲを脱毛してしまうことで、QOLが劇的にアップする可能性を秘めています。

お金と時間はかかりますが、ヒゲの脱毛を検討する価値は十分あります。

とくに、自分の見た目をより若々しくアップさせたい方、清潔感を重視したい方は、ヒゲ脱毛でモテメンの仲間入りが果たせる可能性があります。

こんな方は脱毛しない方が安心です

一方、次に当てはまる方は、ヒゲを脱毛することで、かえってご自身の魅力がそがれてしまう可能性もあるということは、ぜひ知っておきたい話です。

例えば次のような方。

・男らしさを大切にしたい方

・無精髭が似合っている方

・40歳以降にヒゲを伸ばしたい願望がある方

・薄毛の方

20代30代のヒゲは、一歩間違えれば「汚らしい不潔な男」の汚名を着せられる原因になりますが、40代を超えてくると状況は一変。ヒゲが男の味わい深さ(魅力)に変わります。

特に注目したいのは薄毛傾向がある方。

薄毛の方は特に口元にヒゲを蓄えることによって、薄毛が気にならない印象的な顔立ちを創り上げることができます。

とくに外人はこの傾向が強いですが、髪が薄くても、ヒゲが決まっていれば、それは一つのスタイルになります。

私の知り合い(40代)にも頭部は完全薄毛ですが、ヒゲを蓄えることで、その印象がピタリと決まっている男性を知っています。

薄毛+ヒゲの男らしさが評価されたかどうかは分かりませんが結婚して子どももおり、幸せかつ自信に溢れた生活を送っています。

こちらの勝手な想像ですが、もし彼にヒゲがなかったとしたら、印象は全然違ったものになることを強く確信しています。

このように、男の魅力を引き出す手段として、ヒゲを蓄えることが有効な方法になります。上記に当てはまる方は、脱毛はやめた方がいいでしょう。

まとめると

以上が脱毛を考える前に知っておきたい脱毛した方がいい人、しない方がいい人の特徴になります。

当たり前ですが、ヒゲを脱毛すれば肌がつるつるになります。

人によっては見た目が若返り、モテ度が「グーン!」とアップするのも確かです。しかし、それにともなうデメリットが生じることは、絶対に知っておいて損はありません。

確かに、ヒゲは面倒です。放置すれば不潔です。女の子受けも、基本良くはありません。

しかし、上手くヒゲと付き合えば、それがあなたの男としての魅力を上手く引き出すツールになる可能性を秘めています。

だからこそヒゲ脱毛をする場合は要注意。脱毛することによって後悔しない未来が確信できたときこそ、思い切って決断したいものです。

「ヒゲを脱毛したい!」

という方はぜひ参考にしてみてください。そして、あなたにとって、最善の選択を見つけてみてください。

ヒゲが濃い男のためのメンズ脱毛の始め方