間違った手入れでハゲる!?「してはいけない」ハゲる手入れ

この方法がおすすめ!

フサフサの髪は男の自信。

ハゲないためには普段のケアがモノを言います。

ところが、その普段のケアによって、実は大切な髪が失われてしまうとしたら・・・?

そこでこのページではハゲないための「してはいけないケア」と「正しいケア」を分かりやすくご紹介。

髪の未来を守るために知っておきたいお役立ち情報を、分かりやすくまとめています。

はじめに

髪を手入れする。そのための主な方法はこの3つです。

1・シャンプー

2・ブラッシング

3・育毛ケア

どれも正しく行えば、髪を健康的に成長させるための環境を作ることができます。

ところが、このケアのやり方が間違っているがため、かえって環境を悪化させ、最悪ハゲの原因になってしまうことも。

そこで大切なのが正しい知識。何をしてよくて、何をしてはダメなのか、まずはそこを理解する必要があります。

では具体的に何をしてはダメなのか?以下、詳しくみていきます

シャンプー

シャンプーで大切なのは洗い方とタイミング。

まずシャンプーで大切なのは、毛穴をしっかり開かせること。

湯船にゆっくり浸り体をリラックスさせ、その上でシャワーを浴び、しっかり毛穴を開かせて、汚れを洗い流し、毛穴をスッキリ。

その上でシャンプーをして、髪の汚れを洗い落とします。

ここはNGなのは、毛穴が開いていないのに、いきなりシャンプーで髪を洗おうとすること。そして、頭皮に直接シャンプーをつけてしまうこと。

シャンプーをするときは、シャンプーを手にとってよく伸ばし、そして優しくなでるように泡立て、それを優しく髪全体にいきわたらせます。

ここでのポイントは優しさ。女性の体を触るときのようにソフトに優しく、ゆっくりなでまわし、シャンプーを頭皮全体にいきわたらせます。

その上で、またシャンプーを髪につけて、毛穴から上へ向かい、優しくじっくり洗います。特におすすめなのは、指の腹を使ってやさしく頭皮をなでる方法。

ここでダメなのは、頭皮に爪を立てるようにゴシゴシ洗うことで、ハードな愛撫は頭皮の環境を損ねる危険があります。

全体を優しくなでるように洗うこと。そして最後には時間をかけてシャンプーを洗い流します。シャンプーが残っていると毛穴がつまり薄毛の原因になります。

シャンプーするときは優しく。そして時間をかけて、じっくりと髪をいたわりましょう。

ちなみに、シャンプーはスカルプ系の髪に優しいシャンプーが安心です。

髪をケアして薄毛を予防する面でも希望が持てるので、髪に安心のシャンプーで薄毛の要因を予防するのが安心です。

フサフサな男が密かに使うスカルプシャンプーとは

ブラッシング

髪をブラッシングして整えるのは育毛のための大切なマッサージのようなもの。

適度に、そして適切にブラッシングされた髪の毛は健康を保ち、薄毛の恐怖に打ち勝つ希望を与えてくれます。

ところがやり方を間違えると逆効果。ブラッシングがハゲてしまう原因にもなります。

まずはじめに、なぜブラッシングをするのかというと、理由はシンプル。髪の汚れを落とし、ホコリやフケを除去します。そして、頭皮の血行を良くします。

そうすることで、髪にツヤや潤いができ、元気が出てきます。

しかし間違ったやり方をすると、頭皮を傷つけ、血行の循環を阻害。薄毛を誘発する要因となってしまいます。

そこで大切なのがブラッシングの方法。

・ブラッシングの方向

・力加減(ここが重要!)

・回数

この3点を意識して、丁寧にブラッシングをする必要があります。

では具体的にどうやるのか?この方法がおすすめです。

まず力を抜いてブラシを持ちます。その上で、優しくゆっくり、髪の流れにあわせ、ブラッシングしていきます。

具体的な回数は最大で10回ほど。やりすぎると頭皮を痛める可能性があるので、せいぜい10回程度に抑えます。

ポイントは髪の毛の流れにあわせ、優しく、ゆっくりブラッシングすることです。ちなみに、ブラッシングをするなら、豚の毛のブラシがおすすめ。

正しいブラッシングができれば、髪も元気になり、薄毛の恐怖に対抗する勇気がもらえます。

育毛ケア

最後に重要なのが育毛ケア。

具体的には、育毛剤で、日頃から髪に栄養が届きやすい環境を作っておくことです。

正直、既に薄毛が目に見えるカタチで進行している場合(いわゆる「キテる」場合)、育毛剤にお金を使うのは微妙なところですが、薄毛予防の観点からすると、育毛剤への投資はムダなことではありません。

というのは、育毛剤には育毛を促す成分が含まれているため、日々日頃から髪が育ちやすい環境を作ることができるからです。

そのため、薄毛を予防するために、育毛剤で頭皮の環境を整えることは、薄毛の不安を克服する上で、とても有効な行動になります。

もちろん、どんな育毛剤でも使えばOKというわけではありません。

育毛剤のなかには海外製造の胡散臭い商品も販売されています。大切なのは国内製造の評判が高い育毛剤を使うこと。

自分にピッタリの良い育毛剤と出会うことができれば、薄毛予防の強い援軍を得たも同じ。未来に安心できる希望を持つことができます。

これで失敗しない!自分に合う育毛剤の選び方

まとめると

以上がハゲないために知っておきたい正しい髪の手入れの方法になります。

ここで大切なのは、ともかく優しく、予防第一でヘアケアをすること。

正しいやり方をすれば、それは育毛効果を発揮しますが、間違った方法で行うと逆効果。知らず知らずのうち、薄毛の要因となってしまいます。

キーワードは「やさしさ」と「丁寧さ」と「予防」。

薄毛の不安を克服し、フサフサな未来を守るために、今日今すぐ、正しい髪の手入れを実践し、いつまでも髪に自信が持てる男を目指しましょう。