これをやるとハゲる?今すぐやめたい5つのハゲる習慣

ピカピカの頭

「最近髪が薄くなってきた・・・」

もしかしたら原因はこちらの習慣にあるかも。

ハゲてしまうかどうか、そこには遺伝が関係するのも確かですが、遺伝で全てが決まるわけではありません。

ハゲないために大切なのは普段の生活習慣。良い習慣有りてフサフサな髪あり。

では逆に、どんなことをしてしまうとハゲやすくなってしまうのか?

髪に悪い5つの習慣がこちらです。

1・睡眠を取らない

髪はきちんと睡眠を取ってこそ育つもの。睡眠不足=ハゲ直行と言ってもいいくらい、睡眠はとても大切な問題です。

睡眠時間が短ければ、頭皮の血行も悪くなるので、当然髪へのダメージも上手く回復されず、抜け毛が増えたり、新しい髪が生えてくるのが阻害されてしまいます。

スカルプシャンプーや育毛剤でケアしても、髪が回復する時間が確保できず、思うような結果が得られません。

逆に言えば、毎日きちんと睡眠時間を確保することができれば、髪がダメージを回復して、育毛していくための時間を増やすことができます。

一般的に、夜の10時~夜中2時までが髪が育つゴールデンタイムと考えられています(成長ホルモンが分泌される時間)。

髪のためには適切な睡眠と休息が必要不可欠。しっかり寝てしっかり休んで、髪が生えやすい習慣を保ちたいものです。

2・栄養バランスを考えずに好きなものだけを食べる

髪の原材料は何か?それはもちろん、私たちが普段食べる食事の栄養素。

ここでもし、油ゴテゴテの髪に悪い食べ物ばかり食べていたら?髪に良くない食べ物ばかり食べていたら?

普段の食習慣を甘く見ていると、それが「ハゲてしまった・・・」という結果になってツケを払う羽目になります。

もし髪のことを心配するのであれば、やはり食事は大切。

栄養バランスを考えて食事するのはもちろんのこと、

・高脂質、高コレステロールの食べ物は控える

・髪の栄養になる納豆などの大豆製品を食べる

・ハゲになるのを抑制する成分が含まれた蜜柑を食べる

など、日々の食事に気を使うことが大切です。

3・髪、頭皮を不潔にする

髪を全然洗わず、頭皮もマッサージしない。そうすればどうなるか?

頭皮に汚れや皮脂がつまります。そうなると頭皮が炎症したりして、毛穴を塞いでしまいます。また雑菌も繁殖するので、ますます頭皮の環境が悪くなります。そうなると・・・。

結局、ハゲ対策にしても普段のケア、予防に勝るものはなしで、毎日きちんと髪を洗う。そういう当たり前のことを続けていくことって、とても大切な気がします。

もちろん、髪に悪いシャンプーはやめて、スカルプシャンプーのようなハゲ予防が期待できるシャンプーで毎日丁寧に髪を洗う。

そういう習慣を続けていく。そのような習慣が、フサフサのままか、ハゲてしまうか、未来を決定してしまう気がします。

シャンプーは毎日のことなので、ハゲへの影響度はとても大きい気がします。清潔な人、きれい好きな人はフサフサな人が多いです(そんな印象です)。

となると、やっぱり毎日のヘアケアって、とても大切なことだと思います。

4・ストレスを解消しない

ストレスをためる→血行が悪化する→ハゲへというお約束の流れ。

生きている以上、ストレスがたまってしまうのはどうしようもないですが、ストレスを発散できないままでいると、それがじわりじわり、髪へダメージを与えてしまうんですね。

なので何らかの方法でストレスを解消しないと、それがどんどん、髪へ悪影響を与えてしまいます。髪のためだけでなく、自分のためにも我慢はほどほどにした方がいいかもしれません。

ただ、ストレス解消のためにタバコとか酒とかに走るのはNG。

タバコのニコチンは毛細血管を収縮させるので血行を悪化させてしまいますし、お酒も飲みすぎるとハゲの原因となる物質(デヒドロテストステロン)を誘発させてしまいます。

ストレスをすっきり解消できる健康的な方法を持っておきたいものです。

5・運動しない

運動しないこととハゲてしまうこと、そこに直接的な関係はないかもしれません。

しかし、運動不足は血行不足を引き起こします。血行不良になれば栄養素が毛根に届きにくくなります。

となると、育毛発毛にも何らかの影響があると考えた方が良さそうです。

運動不足ではストレス解消ができないし、毛根への栄養搬入力もダウンしてしまう。であるならば、最悪運動不足は、ハゲてしまう習慣と言っていいかもしれません。

適度に運動する。体を動かしてリフレッシュすることで、ストレスも解消できますし、血行も良くなります。

すると健康になって体が生き生きしてきます。結局、ハゲ対策といっても、やはり健康的な在り方を目指すのが、一番自然なのかもしれませんね。

最後に

遺伝以外、ハゲないために大切なのは当たり前の健康習慣。

よく寝て、食事に気を使って、髪を清潔にして、ストレスをためず、適度に運動する。模範的な行動ですが、やっぱり当たり前のことって、大切ですよね。

でも、当たり前のことだからこそ、おろそかになってしまうのかもしれません。

やはり、ハゲの不安を感じたときに大切なのは自分の生活を足元から見直していくことではないでしょうか。

育毛ケアを始めることはもちろんのこと、きちんと睡眠をとったり、食べ物に気をつかったり運動したり。そうした「今」すぐにできるを改善していくことが大切な気がします。

当たり前のこと、しっかりしたいですね。

30代ならまだ間に合う?薄毛の予兆と対策