結局、体に悪いものは髪にも悪い。これだけは避けたいハゲる食生活

フサフサとハゲている男

You are what you eat.

日々、私達が何気に食べている食事。そこから得られる栄養素が体を循環。筋肉となり、髪の毛となり、私達の体の元気の素となります。

が、もしも毎日の食事が体にとって悪いものばかりだったら?

「健康な肉体に健康な髪が宿る」で食事は大切。ハゲないためにどんな食事をしてはいけないのか、どんな食生活がNGなのか、調べてみました。

はじめに

なぜハゲてしまうのか?

遺伝シャンプー、その要因は決して一つではないかもしれませんが、ハゲてしまう要因の一つが間違った食習慣。

体に悪いものを食べる。栄養が偏っている。食べ方が乱雑である。そのような悪い食事習慣によって、本来髪へ行き渡るはずの栄養が髪に届かず。結果ハゲてしまう。

おまけに現代はストレス社会。

長時間労働や不規則な生活によって、どうしても食事習慣が乱れてしまう時代です。

「ついつい外食してしまう」(=栄養バランスが崩れる、もしくは偏る)

「自炊しないのでインスタント食品やコンビニ弁当に頼ってしまう」(=同上)

「脂っこいもの、スナック菓子が大好き」(=油ギトギト、血行が悪くなる→ハゲリスク上昇)

など、知らず知らずのうち、髪の毛によくない食習慣を身につけてしまっているのかもしれません。

ハゲの天敵!まずは脂分と糖分に注意

食事でハゲる。

その要因は大きく分けて2つあります。1つは食事そのもの。もう1つは食事の仕方です。

まず注意したいのが日々の食事。

食べるもの=体の材料となるもの。こう考えれば、いかに食事が大切かが分かります。食べもののなかには、髪に優しいものがある一方、優しくないものがあります。

例えば、脂分。

巷では脂っこい食事が好き=ハゲやすいと言われていますが、これにはしっかり根拠があります。

脂っこいものを食べていると、それが皮脂の分泌量を増加させる要因となります。すると血行が悪くなって毛穴を詰まらす要因に。

最終的にはそれが脱毛という結果になってしまうというわけです。

そのため、脂っこい食事やラーメン好きはスープを全部飲む(血液ドロドロ)とか、スナック菓子(チップスとか油が多いもの)をバカ食いしていると、要注意です。

また、糖分も要注意。

甘いものを食べまくっていると、それによって体内のビタミンBを大量に消費されてしまいます。その結果、皮脂分泌が過剰になります。

皮脂分泌が過剰になると、頭皮がベタついて毛穴がうまってしまいます。それは発毛によくありません。

脂分の取り過ぎも、糖分の取り過ぎも、どちらも体によくないこと。結局、体に悪い食べ物は、髪にも優しくない食べ物なのかもしれませんね。

その食べ方でハゲてしまう?

次に注意したいのが食事の方法。

食事をするにも、何度も噛む、ゆっくり食べる、いろんなおかずをバランスよく食べるなど、体に良い食べ方があります。

そうすることで、食べたものがしっかり吸収され、それが栄養素となって身体中を駆け巡ります。

ところが、体に良くない食べ方をしていると、消化不良等の問題も起こりやすくなり、結局それが体のどこかで悪影響となってきます。

特に注意したいのはこの3つ。

・食べ過ぎ

・むちゃ食い

・偏食

食べ過ぎむちゃ食いは栄養過剰、デブのもと。食べ過ぎると体に負担をかけ、それが体の老化へとつながっていきます。

体が弱ってしまうと、当然髪の発毛にも影響が出てきます。ハゲと食べ過ぎ、直接の因果関係はないのかもしれませんが、体に悪いことは、髪に悪いと考えた方が安心です。

そして問題なのが偏食。好きなものだけ食べる(それが脂分や糖分の多いものだったら・・・)、そうなるとどうしても栄養が偏ってきます。

すると栄養不足となり、髪の原料となる栄養素も不足してしまいます。となると当然、育毛力もダウン、やがてはハゲの原因の一つに・・・。

このように、結局は一時が万事。悪い食事習慣は、体にも髪にも良くありません。

ハゲないために意識したい良い食生活

大切なのは、体に良い食生活を身につけること。

良い習慣あってフサフサの髪作りあり。

そこで日々どんなことを意識すればいいのか、最低限のポイントはこちらになります。

髪に優しい食生活の三原則

1・食事はバランス。栄養(タンパク質、ビタミン、ミネラル、亜鉛などの主要素)に気を配る。

2・食べ過ぎ厳禁。腹八分で我慢する。

3・食事時間はきっちり取る。焦らず急がず、ゆっくり食べる。

体に良い栄養が補給できる食事をして栄養バランスを調整(具体的にどんな食べ物が良いのかはこちら)。

その上で、食べ過ぎずほどほどのところで食欲をセーブして、バランスを崩さないようにする。そして食事をするときは必ず三角食べをして何度も味わうように噛んで消化を良くする。

まるで道徳のように当たり前のことなのかもしれませんが、でもこんな当たり前のことに、案外大切なことが隠されているのかもしれません。

どれもお金をかけずに、意識を変えるだけで今すぐ実践できます。あなたも今日から、ハゲる悪い食習慣をやめて、この3つを意識してみてはいかがでしょうか。

その心構えと実践が、あなたの健康を大事にするだけでなく、フサフサの未来を守る第一歩になるかもしれません。