抜け毛が増えると、「ハゲ」の恐怖で震えていたあの日のことを思い出す

生え際が気になって仕方ないイケメン

正直に告白すると、30代になったある日のこと。夜も不安で不安で眠れないときがありました。

それは、一時期、異様に抜け毛が増えた時期のことです。

お風呂場を見ると、すぐに抜けた髪の毛がたまっている。そして、洗面台も同じで、抜け毛があちらこちらに落ちている。

これだけでも気になっていたのに、ある日、いつも行く美容院に行き、髪をカット、セットしてもらっていると、担当の美容師の人がこんなことを言いました。

「○○さん、生え際がちょっと気になりますねー、ケアした方がいいじゃないですか?」

これを聞いたとき、実のところ、気が気ではありませんでした。

生え際がヤバイ?それって、もしかして・・・。

鏡を見るたび未来におびえていた自分

自分はハゲてしまうのではないか。この恐怖は、言葉に正確にできないほど、苦悩を伴った恐怖です。

不安が頭をよぎり、常に鏡を見ると、自分の生え際をチェック。そして、少しでも抜け毛があると、ハゲてしまう不安に襲われます。

それで薄毛の悩みについて、いろいろ調べたのですが、結局もう自分には、できることをやっていくしかない。

そのことを悟り、できる範囲でできることをやっていきました。

具体的には生活習慣をガラリと変えました。当時、薄毛の予兆のほか、実は男の元気ダウンの悩みも味わっていたので、「これは自分の生活が良くないのだな」と理解しました。

薄毛の原因は身近なところに

ハゲは遺伝だと人は言います。しかし、人災的な側面も確かにある。そのことを自分自身、強く実感しました。

当時は週4日でマク○ナルドのハンバーガーを頬張り、油たんまりの餃子の○将のランチを週2で食べ、野菜とか、そういう健康的な食事は食べず。

つまり不摂生の極みの人生を送っていたので、そりゃ、血管もつまるな、と。

ハゲないための食事についてお伝えしているとおり、食習慣は薄毛の大敵(もっと言えば男の元気も)。

おまけに仕事が忙しくてストレスでボロボロ。そんな状態なら、身体のどこかがおかしくなっても当然だな、と。

薄毛の不安を乗り越えた今だから思うこと

30をこえたら、ただでさえ、いろんなところでガタがきます。

だから、昔と同じようにふさふさで元気満々で過ごしたいなら、いろんなことに気を使うのも当然であることを知りました。

ということで、私は薄毛対策、男の元気対策、あらゆる面で生活を改善。

その結果、生え際は多少気になるものの(でこが広いのは遅きに失しています)、一応は限界を突破せず、なんとか薄毛の不安に打ち克つ日々を手に入れることができました。

ということで、かつての私と同じように、薄毛の不安に怯える日々を送っているあなたに強くお伝えしたいのは、早めに対策をしましょう、ということ。

それにつきます。

最後に

育毛剤を手にして頭皮が頑張る環境を作ることも大切です。

しかし、それ以上に大切なのが日々の習慣。もしあなたが今、ストレス満載。栄養面も不摂生。そんな暮らしをしているなら、いち早くそれを改善していくことが大切です。

とくに、栄養バランスはなめない方がいいです。

髪の毛の元気、生えるスピード、コシ、あらゆる面で段違い。そう、結局のところ、身体の元気は髪の元気。

健康的な暮らしをしていればきっと、髪もそんなにボロボロにならないかもしれません。

特に、30代をこえているならなおさら健康には留意したいところ。抜け毛が気になった段階で、ぜひ、生活改革をおすすめしたいところです。

こちらもどうぞ

【最低限】これだけはしておきたいハゲ対策