結局、ハゲる人とハゲない人は何が違うのか?

どうなのよ

なぜ世の中、何歳になってもフサフサな人と、髪が「キテる」人がいるのか?

あなたはそんなことを考えたことがありませんか?

遺伝、生活習慣、ハゲる理由はいろいろあるかもしれませんが、結局ハゲる人とハゲない人、その決定的な違いを一つだけ挙げるとしたら、これこそがその答えなのかもしれません。

ハゲる人とハゲない人の違いとは

なぜハゲてしまうのか、その決定な理由はヘアサイクルです。

まずハゲが気になってくる原因は抜け毛。抜け毛の量>生えてくる量となった段階で、ジョジョに薄毛が目立ってきます。そして、時間とともに、決定にその症状が露わになってきます。

ではハゲの原因は抜け毛なのか?

というと、そう単純なものではなく、フサフサな人もハゲてしまう人も、みな、抜け毛があります。しかし決定な違いが一つあります。

それが、ヘアサイクル(髪が生えて抜け落ちるまでのサイクル)です。

早い話、フサフサな人はヘアサイクルが健康です。そのため、抜け毛があったとしても、健康に髪が成長していくため、結果的にフサフサな状態を保つことができます。

ところが、ヘアサイクルが不健全な人の場合、髪がきちんと成長せず、抜け毛が増えていきます。つまり、新し髪が全然育たいので、それが薄毛の症状となってくるというわけです。

そう考えると、ハゲてしまう人、ハゲない人、その決定な違いが何かというと、やはりヘアサイクルが正常かそうでないか、その一点にあるのかもしれません。

頭皮環境を守ること、それこそが未来への希望

普通髪は、数年間けてじっくり成長していくはずです。

しかし、何らかの原因によってヘアサイクルの流れが乱れてしまい、成長期間が短くなってしまい途中で抜け落ちてしまったり、新しい髪の毛が少なくなってしまったり、様々な症状が出てきます。

それが結局は薄毛という症状として出てくるわけですが、なぜヘアサイクルが乱れてしまうのか、頭皮環境と悪化が原因ですが、頭皮環境を悪化させる原因は様々。

遺伝、生活習慣、ストレス、食事、いろんな原因が考えられます。

だからこそ、生涯フサフサな男を目指すためには、様々な視点で髪の毛に優しい暮らしを意識することが大切になっていきます。

結局は頭皮環境を悪化させない暮らしをしていく。

そのために、生活に気を遣い、栄養のある食事を食べ、ストレスを適度に発散させ、髪に優しいスカルプシャンプーで頭皮を傷めないようにしたり、育毛剤を使うなど、日々の気遣いが大切になってきます。

まとめると

なぜ世の中、ハゲてしまう人とフサフサな人がいるのか。

その違いをまとめるとヘアサイクルが正常かどうか、そこにかかっています。ヘアサイクルを正常にするためには、頭皮の環境が重要。

そのために、頭皮ケアに意識を置いているかどうかが、フサフサな未来か、ハゲてしまう未来かの分かれ道になる可能性があります。

結局できるのは今の環境を悪化させないこと。無理はしない。ストレスはためすぎない。体に悪いものは食べない。シャンプーや育毛剤で頭皮をきちんとケアする。

今できることは、そういう地道な努力なのかもしれません。

しかし、その地道な努力によってハゲない未来が獲得できるなら本望。今ある髪の毛を大切にし、これ以上、薄毛を悪化させずに、フサフサな男を目指したいものです。

薄毛予防のために始めたい男のための育毛剤まとめ