最終的にハゲがヤバくなるのは○歳から?

俺の髪は大丈夫だろうか?

「今までフサフサだったけど、ある年齢になって急にハゲが進行してきた。まさか自分がハゲるとは・・・」

ここが薄毛の怖さ。

自分は大丈夫なのか、それとも危険なのか。一番知りたいのが、「何歳まで髪がフサフサだったらハゲにならないで安心できるか?」ということ。

何歳になったら安心できる?

私もハゲの恐怖を警戒して育毛ケアに着手しています。そこでいろいろ調べてみたのですが、様々な意見があるようです。

ある人は、

「30代までフサフサでもまだ安心できない。ハゲる人は40歳になってからハゲてくる」

という人もいますし、

「ハゲる人は結構早くから兆候がある。30代で大丈夫なら、よほど生活が崩れない限りは大丈夫だろう」

という人もいます。

個人的には、後者の意見に賛成で、周囲の人々を見ている限り、薄毛の症状が出てハゲになる可能性が高い人というのは、比較的早い段階からハゲるサインが出てきているように思います。

それで「お前の髪、そろそろキてるぞ。注意しろよ」と警告する人がいますが、本当に兆候が早く出た段階で、何かしら手を打つことは絶対に必要だと思います。

ハゲるかハゲないかの境目は30歳?

話はそれましたが、結局何歳まで髪がフサフサだったら将来的にも安心できるのか?

ハゲてしまう人が、20代後半から30代、早い段階で症状が出てきていることを考えると、結局40代前半まで髪がフサフサであれば、将来それ以上ハゲの不安を感じることはないかもしれません。

もちろん、暴飲暴食や過度のストレス、ヘアケアを怠ると、そのツケが何らかのカタチで出てくる可能性は否定できませんが、今までと同じ通り暮らしていて、急激にハゲが進行するリスクは低いかもしれません。

医学的根拠はありませんが)

実際、知り合いの40代の人も、30代からずっとフサフサで何も髪の毛の問題がなく、40代となった今も驚くほどフサフサな髪を維持しています。

一方、私の高校の同級生であるK君は、童顔ながら20代前半から予兆が出始め、30代一児の父となった今は、見事M字が進行しています。

もちろん、40代になってついにキた人もいないこともないですが、確率論的には少数派のよう思います。そこには環境的な要因(家庭内トラブルとか)によって、ハゲが悪化しているケースもあります。

こんな周囲の事例を見ていると、普通に暮らしている限り、ハゲるかハゲないかは30代が境目だと個人的には考えています。

ということは、ハゲの予兆が出てきても、早めに対策を始めることで、ハゲの進行を遅くしたり、相当な被害を抑えられる可能性がアップするということです。

予防こそ最大の武器!

将来の不安を解決するために今行動を起こす。

育毛剤やスカルプシャンプーでの育毛ケアを始め、AGA治療での投薬療法等、できることを早い段階から始めていく。そうすることによって、頭が禿げ上がってしまう悲劇を防ぐ、もしくはダメージを抑えることができる。

この意味で、究極の薄毛対策は早期発見早期解決なのかもしれません。

ということで、

「俺はハゲてしまわないだろうか?」

と不安になったとき、30代の頃の髪の状態をチェックするのが一つの目安になると思います。

「そうか、俺はフサフサだ。このままなら大丈夫だろう」

という方はおめでとうございます。

逆に、

「そういえば、最近抜け毛が多い。髪のボリュームも減った気がする・・・」

など、もし気になるところがあった方は、早めの行動をオススメします。

「ハゲてしまうかも」と不安を感じたら試したい育毛剤