なぜ、私たちはハゲの不安を抱えてしまうのか?

不安だ・・・

「最近、やけに髪が抜けやすくなった。ボリュームも気になる。」

そんなときに頭によぎるのが、薄毛、つまりハゲの不安。

「ハゲてもいいじゃん。俺はブルース・ウィルスみたいに堂々とするよ」

そんな剛毅な一部の方をのぞいて、私たち多くの男性は日々、

「将来、ハゲてしまうのでは・・・」

という不安を抱えています。

不安なのは人の目?

ではなぜ、ハゲてしまうか、不安を感じてしまうのでしょうか?

その理由を真剣に考えてみると、そこからいろいろなことに気がつくことができます。まず思いつくのはこちら。

・ハゲてしまうことによる容姿の劣化。

・女性にモテなくなる不安。

・他者からハゲをからかわれるかもしれないという不安。

そのほか、いろいろな理由はあるかもしれませんが、ハゲることへの不安の根本にあるのは他者の視線ではないでしょうか。

髪が寂しくなることによって容姿が今までの自分とは変わってしまう。それによって堂々と振る舞えなくなってしまう。そうなると、女性に自信を持って振る舞えなくなる。

それだけでなく、「あいつ、ハゲてるじゃん」と陰口を言われることへの恐れ。つまりは、人から自分がどう見られているか、その不安が根本にあるように思います。

その恐れは、身近な家族(祖父や父親)に薄毛家系がいる方に顕著なように思います。

不安の理由を知る

ただ現実問題、薄毛の不安は、男性なら誰もが抱えているもの。

20代はまだ安心な人も、30代を超えてくると、「俺も、もしかして・・・」と不安を感じる状況がやってきます。

今どんなにフサフサな人でも、加齢やストレス、悪い習慣によって、髪はどんどんダメージを受けていきます。

そして気がつけば、「俺の生え際、もしかしてヤバイ?」と気になってきます。そうなると、不安がよぎり、ハゲてしまうのではないかと悩んでしまいます。

薄毛の不安を感じてしまったら、できることを始めていくことが一番ですが、不安を感じたとき、なぜ自分が不安を感じているのか、その原因を考えておくことも大切です。

ハゲることによって、どんな状況を恐れているのか?起こりうるどんな結果に不安を感じているのか?

それを認識おくことで、不安への捉え方、気持ちの余裕が変わってきます。

最後に

やっぱり、髪の毛のことは心配ですよね。

髪のボリューム、生え際、できれば今のまま、状況が変わらないのが一番安心です。

とはいえ、鏡の前に立つと不安が頭をよぎってしまいます。そういうときは、結局今できることをやっていくしかないのかもしれません。

大切なのは不安の原因を知り、行動を起こすことではないでしょうか。

抜け毛や薄毛対策、早めの予防を始めることで、5年後10年後、「ハゲるのでは?」という不安が杞憂に終わるかもしれません。

まだ髪の状況が深刻でない場合、早め早めのケアによって薄毛の進行を予防できる可能性が高くなります。

ハゲの不安を感じること、それ自体はどうにもならないかもしれません。

しかし、今からその不安を解決するための行動を起こすことで、将来安心できる可能性もアップしていきます。

結局、それが一番の不安解消法です。不安に負けず、ともに頑張りましょう。

まだ間に合う?薄毛の予兆と対策

追記

「自分はハゲるのでは・・・」と不安になってしまったら、いっそのことAGAクリニックの無料カウンセリングで詳しく調べてもらうことをおすすめします。

専門医からあなたの髪のことをいろいろ調べてもらうことができますので、どうしても不安になってしまったら、早めに専門医に相談したほうが、将来安心できる確率がアップするかもしれません。

ハゲる不安を感じたらAGAの無料カウンセリングへGo