サラリーマンが副業する絶対条件。それは「本業に支障が出ない」こと

副業バレした男

はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざり。

日本人男性の平均年収は下がり続け、日々の暮らしはますます負担を増すばかり。そんなご時世を反映してか、副業をするサラリーマンが増えています。

某人材派遣会社の調査によると、サラリーマンが副業で得る月収は平均7万円程度。

確かに、サラリーマンが今すぐ確実に収入をアップさせるとしたら、副業するのが一番、手っ取り早い手段なのは間違いありません。

スポンサーリンク

無理のない副業を検討するポイント

しかし、副業はあくまで副業。

頑張りすぎて本業に支障が出てしまっては、元も子もありません。副業を検討するにあたっては、

1・自分の個性、スキルを生かせる

2・本業の経験を活かせる。もしくは本業に役に立つ

3・続けるのが無理ではない。体を壊さない

など、現状の暮らしに負担にならないよう、留意する必要があります。

その証拠に月7万以上、副業でお金を稼いでいる人は、趣味やスキルを生かせるものを選び、収入アップに成功しています。

実際私の高校時代からの長年の友人も株で投資運用。

仕事で得た市場分析スキルを生かして、年間60万~70万、安定して利益を得られる状況と聞いています。

関連記事

株やFXで成功できるのは少数派。投資で成功するハードルは高い

安全第一。無理しない範囲で頑張る

投資のように、自分の知識や能力で収入アップが目指せる副業なら、時間数に収入が比例しないので体力的に継続することができます。

しかし、バイトのように、時給✕労働時間で副業収入が決まることだと、どうしても限界が出てきます。

本業のほか、週末にバイトなどして過重労働。体が休む暇がなければ、疲労による集中力ダウン。凡ミスの連発など、本業に影響が出る可能性があります。

「次は誰をリストラしようか」と人件費カットの意識が高い職場なら、それを大義名分に本業がヤバくなるリスクもあります。

副収入を得ることを目的に副業を始めたのに、一番太い収入源である本業がダメになってしまっては、元も子もありません。

そのバランスは非常に重要。無理がないことを第一に、収入を増やすのが原則です。

ネット収入はどうか?

それで普通なら、「ネット副業がおすすめです!」という流れになるのですが、実際、ネット副業で今すぐ結果を出せる方法は限られています。

メルカリやAmazonを利用したせどりなどが有名ですが、あなたが少しでもその手の話を調べたことがあるなら、楽に稼げる方法はないことをご存知だと思います。

有力なのはアフィリエイトやブログですが、

1・うまくいくにもかなりの時間がかかる

2・安定した副収入になりにくい

3・そもそも文章を書くので、向き不向きがある

といったデメリットがあります。

自分の個性、スキルに応じて副業を選ばないと、文字通り時間のムダ。

「こんなムダなことをするくらいなら、土日はしっかり休んで本業を頑張った方が良かった・・・」

と後悔することでしょう。

関連記事

中途半端にやるくらいなら、副業なんて最初からやめておけ

まとめ

今すぐ着実に年収アップできれば、いろいろ余裕ができます。お金がある幸せを実感できます。

ただし副業でお金を稼ごうとするなら、その本業に支障が出ないことが絶対条件です。

副業でお金が稼げても体を壊したり、本業に悪影響が出てしまえば、長い目で見て大損する可能性があります。

副業ブームの今だからこそ、そのことは慎重に考えたいところ。

副業をしない変わり自己投資して、本業で年収アップする方法だって見つかるかもしれません。

お金のことは、長い目で考えることが大切です。

あわせて読みたい

目指すは絶対生き残るマン。将来の自分のために今すぐ自己投資しておきたい3つのこと

「俺の収入、低すぎる・・・」と悩んだら副業。ではどんな副業で稼げばいいか?

どれだけ副業で稼ぎたいと思っても、FXだけは手を出さない方がいい