英語が苦手なビジネスマンが「聴くだけ」の英会話教材を試す価値がある理由。

英語耳育成中!

今、英語を勉強し始めるビジネスマンが増えています。

会社に海外転勤を命じられた。出世条件にTOEICスコアが必須になった。

理由は人それぞれですが、それそれ個人が現実的な理由によって英語に自己投資する社会が来ているのは確かなようです。

スポンサーリンク

大切なのは英語の始め方

しかし、英語を勉強するといっても、なかには英語が苦手な人もいます。

正直に言うと、私自身もその一人でした。

英語にコンプレックスがあって、英語が得意な人。ペラペラ話せる人に憧れを持っていました。

ただ具体的にそのために何かをするわけではなかったのですが、英語ができる人は就職や収入面でプラスになるだけでなく、何より女性ウケがバツグンであるという事実を発見。

それでこっそり、英語の再勉強を始めることにしたのです。

私が「聴くだけ」系の英会話教材を試した理由

最初は当然、「日本人ならまず英文法だろう!」と意気込み、本屋に足を運び参考書1万円分を購入。

それで気合と根性で英語やり直しを始めたのですが、3ヶ月と持たずに挫折。現在完了とか過去完了とか、眠くて仕方ありません。

それで次に挑戦したのが、英語を「聴くだけ」でOKな英会話教材。これはCDを聴いて英語を覚えていく教材になります。

個人的にはこれが自分に会っており、購入分の価値はあったことを、実感することができました。

具体的に入手したのかというとこちら。どれも有名な聴くだけの英会話教材なので、あなたも知っているかもしれません。

Hapa英会話

教材実物

日常英会話+海外旅行をCDで勉強できる英会話教材です。

DVDやテキストが付属していますが、個人的にはCDを1つにつき10回リピート再生。

そして、風呂に入っているとき。電車で外出しているとき。CDを再生して耳学問。

これで特に、あいさつや自己紹介といった、ほんとに基礎の基礎から、海外旅行に興味ビンビンなので、そこで使える英会話。

それをHapa英会話で何度も聴くだけ学習をしました。

どうやら、英語を話せることは英語を聴く量に比例するということで、このCDで何度も聴くだけで具体的には1ヶ月。

集中したことが良かったです。

某仕事のイベントで外人(イギリス)と会って話をしたのですが、日常会話でもできると、「オレは英語を話せた!」と自信を持つことができます。

この体験から耳学問は個人的におすすめ。ようは、英語を聴いて理解でき、反応できればそれでOK。

Hapa英会話で勉強したフレーズはそのまま、使うことができました。

この意味で、英語が苦手なビジネスマンの方には、素直におすすめできる内容になっています。

Hapa英会話の公式サイトへ

ネイティブイングリッシュ

教材実物2

こちらは聴くだけ系の英会話教材の中でも特に有名な教材。楽天市場でも常に人気上位になっています。

それで具体的にどんな内容なのかというと、ハイテンションのナビゲーターのトークをCDで聴いて英語を覚えていく教材です。

ネイティブイングリッシュは日常英会話+ビジネス英語両方を理解できるので、コスパは悪くありません。

ただこちらの場合、英語そのものより、解説を重視している内容になっているので、英語だけを聴く量としては、物足りないかも。

超初心者向けでわかりやすさを重視している教材のように感じたので、本当に初歩の初歩から始めたい方には優しくて安心です。

その分、「My name is~とかはなんとか大丈夫だぜ!」という方は、再確認のつもりで取り組むと、復習の効果が感じられるかも。

ゆっくり取り組めばそこそこ実感がかかりますが、フツーに頑張って1ヶ月で終わらせれば英語のやり直しの面ではコスパがいいです。

英語が本当に苦手で、基礎的なものからCDでやり直したい方は、試す価値がある内容になっています。

ネイティブイングリッシュの公式サイトへ

英語ぺらぺら君

教材実物3

CDを聴くだけで英語をやり直す。特に英文法を理解し直したい。

この意味で便利な聴くだけ系英会話教材がこちら。

これは、イメージでいうと、中学校の英語の授業をCDで聴く感じの教材です。

なので、懐かしいbe同士とか比較とか、CDを聴けば中学時代の授業の思い出がそっと頭をよぎる。そんな内容になっています。

英会話を覚える面ではそれほどおすすめの内容ではないですが、初心者の基礎固め。英語のやり直し。

この意味で英文法を学び直せるのはかなり便利。

やはり、私達日本人にとって、英語は異文化の言語。理解するために理屈を覚えておくことは、とても大切なことだと感じます。

なので、文法知識があるかないか。それによって、英語を勉強していく上での伸びしろが変わってきます。

この点、CDを聴くだけで英語をやり直せる。特に英文法を理解できる点は特に評価できるポイント。

個人的には、購入した価格分の価値は十分あったと感じています。やっぱり、英文法って大切ですね。

英語ぺらぺら君の公式サイトへ

メリットは始めやすさ&挫折のしにくさ

以上、3つの有名な「聴くだけ」系の英会話教材を使ってきた感想から実感しているメリットは、ともかく勉強が楽なこと。

なにせ、CDを聴くだけでOK。もちろん、英単語を文字で書くとか、そういう力はプラスになりません。

ただ、「英語を耳で慣れる」という大きな強みがあります。

なので、

優しい聴くだけ英会話教材で英語に慣れる→教材をクリアする→自信が持てる→英語を勉強するモチベーションがアップする

という感じで、ステップ・バイ・ステップ。レベルアップしていくことができます。

英会話教材で自分の基礎固めをすれば、今後英会話スクールに通って本格的に英語を話す練習をすることができます。

そのほか、TOEICにターゲットを定めて、スコアアップして出世を目指すなど、実利的なメリットを追求することもできます。

いずれせよ大切なのはまず最初の英語の始め方。この意味で、CDで聴くだけ系の英会話教材は、特に始めやすい内容になっています。

まとめ

ということ最後に記事のまとめです。

「大人の事情で英語を勉強することになった。でも自分は英語が苦手だし、難しいものをコツコツ覚えていくのは苦痛だ。できれば、失敗しないように簡単で優しいものから始めたい」

そんなビジネスマンの方にとって、聴くだけ系の英会話教材はおすすめ。試す価値があります。

もちろん、教材を完了したからといって、今すぐ英語ペラペラになることはありません。

ただし英語を始めるとっかかりとしては、挫折しにくく、安心して英語に慣れていくことができる内容になっています。

つまり「自分は英語が苦手だ」という意識を変えていくための第一歩として、おすすめできます。

聴くだけ系の英会話教材はともかく簡単で優しい内容になっているので、始めやすさはバツグンです。

これから英語を始めるビジネスマンの方は、1つのきっかけとして、参考にしてみてください。

ポイント

1・聴くだけ系英会話教材からスタートする。

2・教材をやり終えた事実をゲットできる。

3・やり終えた事実から英語への抵抗感がなくなる。

4・英語への自信がアップする。

5・本格的な英語の勉強へ進むことができる。

6・将来の自分のためになる。

こちらもどうぞ

結果にこだわるビジネスマンが最速で英会話を習得する3つの方法

スタディサプリのTOEIC対策が選ばれる理由

6ヶ月以内にTOEICで結果を出したいビジネスマンにおすすめのTOEIC対策講座