英語で人生に安心を。ビジネスマンのためのおすすめ英語やり直し法

私がご紹介します

将来食いっぱぐれない男になる。いつでもどこでも自分に可能性を見いだせる男になる。

そのための投資として検討の価値があるのが英語。特に20代30代の男性にとって、英語は非常に投資価値のあります。

ではどうやって具体的に英語を学び直していくか。そこでこのページでは、ビジネスマンが英語を最小限の自己投資でやり直す。

そのための具体的方法をご紹介します。

「実は自分も、英語は頑張る価値がある自己投資だと思っていた。でも、どうやってやり直しを始めればいいのか分からない」

という方の参考になれば幸いです。

はじめに

社会に出た男が将来自分のための自己投資として英語をものにする。そこで大切なのはまず、着実な結果です。

具体的には英会話ができることは大切ですがまずTOEIC。少しでも社会で有利になる730点を取得することを目標にやり直しを開始します。

TOEIC730点は外資に就職を目指すには不十分ですが、国内企業においては十分価値があるスコアです。

今の時代、中途採用でも英語力は評価の基準であり、TOEIC730点を取得することで、「最低限の英語力がある」証拠になります。

この意味で、英語を自己投資にするならば目標は具体的に。730点はちょうどよい目標になります。

国内一部上場企業の国際関係の部署においては転職者の英語力の最低限がTOEIC700。理想は750以上です。

最優先でやり直したいのが

では何をどう始めていけばいいのか。具体的にご説明します。

ちなみにこの記事は英語が苦手な方を想定して書いています。

自力でTOEIC730点を取得できるほどの英語力がある中上級者の方には目新しい話はありませんので、ご容赦ください。

まず、英語を自己投資して行く上で大切なのが英語への認識です。

英語は筋トレのようなもの。すなわち、コツコツ続けていくことによって、結果が出ます。そして、一度結果がでれば、それはそう簡単にはダメになりません。

つまり、ある程度の英語力つけば、ほんの少しのメンテナンスで、その実力を保つことができます。

ゼロからやり直しにはなりません。ここが非常に、英語がお得なところです。

ただ、実力を急激に伸ばすことはできません。ステップ・バイ・ステップで、1つ1つ、着実に積み重ねていくことが大切になってきます。

そこで重要なのが、中学英語のやり直しです。

何事も基礎がすべて

中学英語はいわば、英語を学ぶ全ての基礎であり、基本です。英単語。文法。日常で使う英語の基礎はすべて、ここにあります。

このため、英語が苦手なビジネスマンがまずやり直しをするなら中学英語を総復習。

英単語力は十分か。文法を正確に使いこなすことができるか。英語の文章を正しく理解できるか。聞き取りは大丈夫か。

これらをチェック、上へ進んで行きます。

それで具体的にどうすればいいか。

あなたが「英語は独学で頑張りたい。本屋へ行き、自分で参考書を選んでやっていく!」というタイプであれば、基本この2冊を徹底してやれば大丈夫です。

1・くもんの中学英文法

2・中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

この2冊を徹底的にやれば、

1・最低限の語彙力をゲットできる。

2・中学英語の文法を十分理解できる。

というメリットがあります。

『くもんの中学英文法』は本当に必要最低限のことを凝縮して覚えることができるので、コスパが非常に良いです。

そして、英文法を理解した上で、『中学版 速読英単語』で英語の文章を読みながら英単語を覚えていく。これが鉄板です。

英単語は単語帳で覚えていくのは非効率なので、英語の長文を読み、そこに出てきた英単語を文章の中で覚えていく。

これがおすすめです。

この意味で、『中学版 速読英単語』は非常に素晴らしい本です。この英文が全てサクサク理解でき、スムーズに音読できれば中学英語の最低限の基礎は大丈夫です。

英語講座を利用したい方へ

一方、「自分は独学が苦手だ。スケジュールを与えられて、それをこなしていく方が安心できる」という方の場合、アルクの英語講座をおすすめします。

こちらは2万円以上しますが、

1・何をどうやればいいのかが分かりやすい

2・課題をこなしていくことで着実にレベルが伸びていくように教材が設計されている

3・実際の利用者が多く、信頼性が高い

というメリットがあります。

具体的にはこちらのシリーズ。

アルクのTOEIC(R)テスト対策講座

初心者に向けた超入門講座からスタートし初級、中級。そして上級。ステップ・バイ・ステップで進んでいけるようになっています。

私も20代の頃、アルクのTOEIC中級レベルの講座で教材をやり倒しましたが、分かりやすさ。教材のボリューム。非常に満足しています。

中学英語のやり直しをして基礎を固めたい初心者の方は、『超入門講座』から始めると、挫折せずに続けられるでしょう。

次の課題は受験英語

中学英語の基礎固めが出来たら、次は高校英語レベルに進み、更に語彙力アップや構文の理解へと進んでいきます。

ここで具体的に何をどうしていけばいいか。その行動の基準が、受験勉強です。受験のために英語を勉強する。そのイメージと同じで大丈夫です。

そこで、

1・受験英語のための長文(見開きで和訳がついているもの)

2・英語の文法問題集

この2つを徹底的にやり、読解力と語彙力を高めていく。

これが重要です。

というのは、TOEICの問題は基本的に、受験英語の延長だからです。

リスニング→グラマー&リーディングというように、やっていることは基本的に受験と同じです。

そして、グラマー&リーディングは、受験問題を解くのとほとんど同じ感覚です。

文法にしても長文読解にしても、受験英語で結果を出せている人が、TOEICで良い結果を出すのは同じことの延長だからです。

TOEICの場合はすべてがビジネス寄りの内容であるだけで、やっていることの本質に違いはありません。

だからこそ、受験英語をやり直すのはいわば、TOEICの下準備。受験英語のやり直しは、とても価値があります。

受験英語のやり直しにおすすめの本

では具体的に何をどうしていけばいいか。

独学で勉強したい方は、それほど投資すべきものはありません。必要な教材を揃え、ひたすら繰り返して完璧にしていく。

それで十分です。

受験英語で力をつけるためにおすすめなのはずばりこちら。

1・大学入試英語頻出問題総演習

受験英語に取り組む上で大切なのは、頻出の単語。熟語。文法。そして構文(覚えておかないと英文を正確に理解できません)を効率よく覚えていくことです。

この意味で大切なのが、実際の問題集を使って、文法や構文などを覚えていくことです。

このなかで効率的かつ、覚える意味が高いのが「桐原書店」の文法問題集です。

私は大学生時代に塾講師として高校3年生の受験英語を教えたいたのですが、塾からの指名テキストで「桐原書店」を使っていました。

何より、私も受験時代に「桐原書店」を愛用していたので、その良さは素直におすすめできます。

重要な知識を覚えられ、解説も充実しているので、独学で勉強できます。

高校英語の文法を覚える場合は、文法書を買うよりもむしろ、文法問題集を買って、出題されやすい問題を覚えていくのが効果的です。

これは、時間が命なビジネスマンの方だからこそ、特に重要なポイント。別に英語のプロになる必要はありません。

ようは、効率よくTOEICで点が取れればそれでいいのです。そのために「桐原書店」の問題集は特におすすめ。

繰り返し取り組んで、完璧に覚えます。これが、TOEICで役に立ちます。

2・速読速聴・英単語 Coreシリーズ

文法知識とあわせて重要なのが英語を読むことに慣れること。そのために必要な語彙力を高めていくこと。

この意味で重要なのが、英語の語彙力は長文を読んで身につける、ということ。この考え方は中学英語と同じです。

英単語だけ覚えても、それが実際にどう使われているのか分からないければ意味がありません。

そこで、長文を読みながら英単語を覚えていく。語彙力を高めていく。何より、長文を読むことで、英語を読むことに慣れる。

メリットがたくさんあります。

速読速聴・英単語 Coreシリーズはその意味で最強。このシリーズを全てやっておくことで、英語の読解力+語彙力を、ダブルで伸ばすことができます。

3・受験は要領

それと、受験に英語のノウハウを学ぶ上だけでなく、効率的な勉強をするノウハウを学ぶ意味でも、この本をおすすめしたいと思います。

こちらはいわゆる受験ノウハウで、「いかに限られた時間で効率的に点数を取るか」という思想に特化しています。

受験は関係なくても、この考え方はビジネスマンのあなたが英語で自己投資し、今後あらゆる面で上昇していくために、非常に価値がある話です。

私も東大は目指しませんでしたが、この本のノウハウを実行。9月に受験勉強を開始し、2月うの試験で、志望校の志望学科に一発で合格することができました。

この体験から、本書のノウハウは本物であることを確信しています。

TOEICで結果を出す

以上、長くなりましたが、ここまでガッチリ取り組んできたあなたの英語の基礎はバッチリ。

あとは実際にTOEICの受験を視野に入れた勉強を重ねていきます。

そのために必要になるのはズバリこれ。実際のTOEICの過去問演習。イメージとしてはこのステップです。

1・TOEICの過去問を解きまくる

2・そこで英単語、熟語、文法などの知識を吸収

3・TOEICを受験

4・1に戻る

TOEICは長丁場の試験です。

そのため、試験そのものに慣れておくことがまず、重要なポイントになってきます。

この意味で普段からTOEICの問題を解いて勉強するのが鉄板。問題集を購入する場合は、過去問に分かりやすい解説がついている教材がおすすめです。

具体的にはこちら。

1・TOEIC L&R テスト 究極のゼミ

リーディング問題に特化している問題集です。

設問のパターンから出題傾向、答え方のポイントが分かりやすく説明されているのがポイント。

「このパターンはこう解けばいい」という傾向の把握が、TOEIC実戦でかなり役立ちます。

2・TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

リーディングとあわせて要対策なのが文法。そのために使うのがこちら。

タイトル通り、出題傾向が高い重要問題ばかりを集めているので、やり込むことで、TOEICの文法問題のパターンが分かります。

この2冊で、実際の問題を模しながら、TOEICの対策をすることができます。

リスニング力は別途補強

ただし問題は、この2冊だけではリスニングの練習ができないこと。

そこで別途公式の問題集を購入。それをCDを何回も聴いて、出題の形式に慣れておくことが大切です。

そのほか、普段からリスニング力+語彙力を強化したいならこの本が定番です。

3・速読速聴・英単語 TOEIC TESTシリーズ

こちらはCDがついているので、それを何度も繰り返しリスニング。そして音読。これによって、総合的な英語力アップが期待できます。

収録されている英文はTOEICを模した文章が多く、とても実用的です。毎日目を通して愛用するのがおすすめです。

まとめ

以上、ビジネスマンのための英語やり直しの方法をご紹介しました。

ポイントは、

中学英語のやり直しで基礎を固める→受験英語をやり直してTOEICを受験するための下地を作る→TOEIC対策をして目標スコアを取得する

この流れです。

このページでは本を中心に、できる限りお金がかからない方法をご紹介しています。

ただ道は1つだけではありません。独学だけでは心もとない方。お金を出してでも自己投資として確実な結果を出したい方。

そういう方には別途、知って損がない情報をご紹介します。この記事とあわせて、参考になれば幸いです。

こちらもどうぞ

結果にこだわるビジネスマンが最速で英会話を習得する3つの方法

仕事のためにTOEICを始めるビジネスマンにおすすめの英語講座

英語で結果を出すビジネスマンに支持されるコンサルティングサービス