【結婚後に後悔しない】男が独身のうちにしておきたい5つのこと

人生に後悔する男

せめて結婚前に最後、これだけはしておきたい!

男が結婚後に後悔するのは独身時代にしなかったこと。そこでこのページでは、男が結婚後にも覚悟を決めて生活するために独身のうちにしておきたい5つのことをご紹介。

「そろそろ結婚を考えているが、今のままで後悔しないだろうか・・・」

という男性の方は、参考にしてみてください。

なぜ結婚後に後悔するのか?

まずはじめに、男が結婚すると後悔するのが、お金と時間の自由を失うこと。

結婚後の優先順位は完全に家族>>>>>>>>>>>自分となってしまい、したかったことをする自由、欲しかったものを買う自由を失ってしまいます。

そのギャップがあまりにも激しいため(妻の変貌も含め)、既婚男性のなかには、しばしば自分のことを「奴隷」と自虐する男もいます。

この意味で、結婚に後悔しないためには、自分がしたいことを後悔なくし尽くすことが大切。やりたいことをやってしまえば、それがケジメになるはず。

後悔ないよう、独身前の最後の最後、自分のために時間とお金を使いましょう。そのなかでも特にしておきたいのはこちらです。

1・満足行くまで女遊びをしておく

結婚後に一番後悔しがちなのがこれ。お金と時間の自由を失い、家庭におさまる。

それによって、気軽に夜のおねいちゃんに会いに行ったり、男の喜びを味わえるサービスを受けることが劇的に難しくなってしまいます。

そして、一番問題なのが、あまり女性経験がないまま妻と結婚してしまった「モテ」に対する羨望があったり、女性にマジメだった男性。

よく、40代以降に女性が原因で人生を失敗してしまう男性の多くは、20代30代、女性とあまり遊ばないまま結婚してしまった男性が多いという話です。

女性に対する満足感が得られないまま結婚してしまうからこそ、女性に対していろんな幻想を抱えることになり、それが未消化なまま、年を重ねていきます。

そして、妻との暮らしに飽きてきた40代以降、悪い女と出会ってしまうと、人生が転落してしまうケースが多いようです。

例)キャバ嬢や風俗嬢に夢中になってしまった40代男性→自己資金だけでは飽き足らず会社の金を横領するようになり女に貢ぐ→吸い取られるだけ吸い取れる→フラレて失業→最悪一家離散

このように結婚後、女で人生が狂わないためには、独身時代に女遊びで後悔を残さないことが大切。金銭的に可能な範囲で「もう十分だ」と思うくらい、とことん遊びまくりましょう。

女遊びをすることは長い人生、決してムダなことではありません。とくに、若いときの女での失敗は、必ず年を取ったときに生きていきます。

この意味で、結婚前に女遊びは一種の自己投資。女性への幻想がなくなるまで、とことん遊びましょう。そして独身のうち、女で痛い目に遭っておきましょう。

独身のうちならまだ、リカバリーは可能。そして、そこで得た学びが必ずや、あなたの結婚生活で役に立つでしょう。

2・友達とじっくり飲む

結婚すれば、仲の良い友人たちと会う機会も激減。ビール片手に昔話をしたり、Y談をする楽しい時間はどんどん減っていきます。

お互い家庭を持つ者同士ならなおさら。結婚して、様々な家庭の悩みを経験するほど、友人との絆は重要になってきます。

妻以外、心のウチを語れる友人の存在は貴重。結婚前だからこそ、思う存分、旧交を温めておきたいものです。

3・高級時計や高級靴など、欲しいものは絶対に入手しておく

結婚すれば即、お金の自由を失います。

一度結婚してしまえば、あなたがどうしても欲しいと思っていたモノを買う場合ですら要相談で妻の許諾が必要になります。

あなたが家庭内で圧倒的地位を築いているなら話は別ですが、そうでない場合、基本的に10万を超えるモノは気軽に購入することは不可能になります。

そして、月々のお金はあなたの生命保険代をはじめ、子どもの教育や妻へ渡す生活費など、もろもろの費用に消えていきます。

だからこそ、絶対手に入れておきたいものは、結婚前に手に入れておくことが大切です。これが独身最後、自分へのプレゼントと思って。

4・行きたい土地へ一人旅に行く

結婚したら一人プラプラ気軽に旅などもってのほか。

何をするにも家族を念頭に計画を考える必要が出てきます。そして、一人でゆっくり過ごす時間も激減。独身の頃の一人の時間の大切さに気がつきます。

結婚前の一人の身だからこそ、行きたい場所には遠慮なく行っておきましょう。一人で旅する自由と喜びは、もう二度と、味わうことができないのですから。

5・最低限の貯金をしておく

結婚前にお金をためておくというとヘンですが、これには理由があります。

結婚すれば2人のお金は夫婦の共有財産になります。ところが、結婚前のお金は、それぞれ個人のものです。

そのため、万が一の自体に備え、最低限のお金を準備しておくことは、人生の変化に柔軟に対応するために、とても大切なことです。

まとめると

以上が男が結婚を覚悟するまえにしておきたい5つのことになります。

結婚後に後悔しないためには、したいことをして欲しいものを入手しておくこと。そして、自分のための最低限のお金を残しておくこと。

この3つさえしておけば、結婚を一つのケジメとして受け入れ、家族へお金や愛情を注いでいく覚悟ができるというものです。

一番最悪なのは、結婚に焦り、それが本当に自分の将来のためになるのかすら考えず、流されるまま結婚し、その後「こんなはずではなかった・・・」と妻の尻に敷かれ続ける暮らしを送ることです。

ただ家族のためにお金を運ぶ配達人となり、年々存在を軽視されてしまう。それだけは何としても避けたいところ。

そのためには、結婚前に自分の人生に後悔を残さないことが大切です。あなたにとって今結婚したら一番後悔することは何ですか?

ぜひそれを、真剣に取り組んでみてください。もしかしたらそれが、最後の機会(チャンス)になるのかもしれないのですから。