ネットで本気の出会いを探したかったらこんなワナに注意する

彼女を創っていちゃいちゃしたい

「普段全然出会いがなくて、気がつけば彼女いない歴がヤバイ。でも肝心の出会いがない。寂しいし、なんとしても彼女が欲しいのだが・・・」

そんなときについつい登録しそうになってしまうのが出会い系や婚活サイトなど、ネットでの出会い。

ポイントを買って、女の子と知り合い出会っていくサービスで、基本的に男性側はお金がかかります。

それで、ネットで良い出会いは期待できるのか?

出会いを期待する前に、こんな話を知っておくと安心かもしれません。

本当に良い出会いはあるか

まず始めに出会い系ですが、遊び慣れた紳士の方は危険を察知しつつ楽しみことができるかもしれませんが、

「プロフと実物が全然違う!」

「可愛い子がいて連絡したらサクラだった!騙された!」

ひどい場合だと

「すごい美人と会えることになったが、あやうく美人局の被害に会うところだった!」

など、笑えない危険が待っている可能性があります。

もちろん可能性として真剣な出会いが見つからないこともないかもしれません。

ただ、一般論でいうと、出会い系はあくまで真剣な出会いというより、男女がそれぞれの欲望を解消するためのものです。

ネットを見ていると、「出会い系は安心です!真面目な出会いも見つかります!」と書いてあるところもありますが、本当に安心なのか、そこには吟味の必要があります。

まぁ軽い気持ちで参加してみるのもいいかもしれませんが、出会い系はばっちりお金がかかります。

なので、あなたがもし本気の出会いを探しているとしたら、婚活に参加した方がまだ安心かもしれません。

出会いたい、そんなときこそワナに注意する

近年は結婚ブームも相まって、結婚詐欺師も跋扈する時代。

結婚できない独身男性の心にさっと入り込んで、お金を引き出し、挙句にはトンズラという結婚詐欺の事件も増加しています。

また、そうそうないかもしれませんが、運が悪いと木嶋佳苗被告(出会い系でターゲットを探し、犯行に及んでいます)のような毒女に引っかかり、最悪お金だけでなく命も・・・。

本当に寂しいときって、つい周りが見えなくなってしまいます。出会い系でも婚活サイトでも、ついつい縁があった女性に熱を入れてしまい、いろいろ痛い目に遭う。

出会い系は確かにお金を払えば出会えることは確かでしょう。しかしそこにはワナがあって、気がつけば深入りしてしまい、気づいたときにはかなりのダメージを受けている。

そんな経験をする男性が少なくありません(もしかしたら、この記事を読んでいるあなたもそんな経験、ありますか?)。

安全度は婚活サイトの方が高い?

最悪なのは美人局の被害に遭うことです。

可能性としては低いですが、現実問題、出会い系で美人局の被害は起こっています。

そのため、

「出会い系でも真面目な出会い系があるだろう」

など、真剣な出会いの場所として出会い系サイトを考えていると、思わぬところで真っ青になる経験をする可能性があります。

そのため、もし本気で真剣な出会いを探すのであれば、まだ婚活の方が安全度は高いです。

もちろん、婚活サイトでも危険性は十分あります。木嶋佳苗被告も被害者を婚活サイトで見つけているようですし、婚活サイト=無条件に信頼できるというわけでもないでしょう。

ただあくまで確率論でいうと、婚活に参加している女性の方が真剣な付き合いに発展する可能性は高いので、

「どうしても彼女が欲しい!将来を真剣に考えたい!」

という場合、婚活をするのも一つです。少なくとも、出会い系よりは安全性は高いはずです。

ただし、近年では婚活サイトでもデート商法に代表されるような詐欺行為があるようです。安全性の高い婚活サイトのみ利用して、かつ相手を見極める目を持って、危険を防ぎたいものです。)

最後に

以上、彼女が欲しいときについつい登録したい誘惑にかられる出会い系サイトの危険性について書いてきましたが、やっぱり一番なのは自然な出会いですよね。

人と人として男女が出会う。そして恋に落ちる。そして結婚する。

これが自然なカタチです。そしてこの自然なカタチの関係がやっぱりいちばん安定するのではないでしょうか。

出会い探しは薔薇と同じように、気をつけていないと棘に刺されて痛い目に遭います。

ただでさえ恋は盲目。そこに焦りがあれば、そこで痛い目に遭う危険性はグーンとアップしてしまいます。

寂しくて仕方ない。真剣な彼女が欲しい。そういうときだからこそ、焦らず慎重に行きたいもの。ご縁があればきっとそのうち、良い出会いがあるはず。

自分を信じて、未来を信じて、良い出会いがやって来ることを信じましょう。良い出会いがありますように。