婚活サイトでデート商法に引っかからないための予備知識

彼女と電話がつながらない・・・

あなたはデート商法というのをご存知ですか?

デート商法とは、ターゲットをデート(男性)に誘い、恋心を利用して商品を買わせたり契約を迫ったりしてお金を奪う極悪商法のこと。

例えばあなたが婚活である女性と出会ったとします。

その女性はとても魅力的で、あなたは彼女とデートしたくて仕方ありません。幸い彼女もあなたにぞっこんらしく、デート成立。

3回ほど会って感触も良し。「これはいけるぞ・・・」とあなたは期待しますが、やたらとプレゼントをねだられたりします。

もしくは、「この商品はとてもいい商品でね」と営業をかけられ、契約書にサインを迫られます(買わされる商品は宝石や毛皮など、高額商品がメインです)。

あなたは彼女にぞっこんで、彼女のお願いを断ると嫌われると思い、無駄金を払うハメになってしまいます。あなたからむしり取るだけむしり取ったら、彼女はあなたの元からこつ然と消えてしまいます。

これがデート商法です。

早い話、キャバクラ等の色恋営業と同じようなもので、あなたの恋心を利用して、あなたから巧みにお金を引き出そうとします。

デート商法に引っかかったら、あなたは無駄金を支払うハメになったり、場合によっては恐喝の被害者になる可能性があります。

デート商法詐欺師を見分けるには

それで少し前置きが長くなりましたが、このデート商法、婚活でもある手口です。

婚活サイトで気になった人とデートをしていると、本当に好きで好きで仕方なくなってしまった。そのタイミングを見計らって、「これ買って」と契約を迫られる。気がつけば高額商品を買わされることになって、お金を奪い取られる。

マルチ商法に勧誘される場合もあります。)

最終的には自分が騙されたことを知り、国民生活センターへ駆け込む。近年では保険の契約や数千万のマンション(!)まで買わされるデート商法があり、ますます注意が必要になってきます。

国民センター

URL:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140123_2.html

では婚活サイトでデート商法に引っかからないためにはどうすればいいのか?

そこでまず大切なのは、デートして詐欺師にハマってしまう前に、相手の人柄を見極めることが肝心になってきます。

デート商法であなたをハメてくる詐欺師は海千山千の強者です。容姿も魅力的な場合が多いかもしれません。そのため、「こんな可愛い子がなぜ自分に?」と違和感を感じる相手は警戒して損はありません。

その上で、デート時、

1・相手の自宅や仕事は知っているか?

2・会う度にプレゼントをねだられないか?商品の契約をすすめて来ないか?

3・口が上手いか?ペラペラ流れるように話すか?

これらの点に意識して、信頼できる相手かどうか、見極めが必要です。

最初の見極めが生死を分ける

恋愛感情はやっかいなもので、一度ハマってしまうと、それが例え間違った相手でも、なかなか気持ちにストップがかけられなくなってしまいます。

そのため、「何かがおかしい・・・」とうすうす気づいていたとしても、「この子に嫌われたくない!」という気持ちがわいてきます。

悪い人だと、「私の気持ちを疑うの?私を愛しているなら買って!(契約して!)」とハッパをかけてきて、ますますカモになってしまいます。その先最後に待っているのは・・・。

そこで大切なのは、デート商法の被害に遭う前に、怪しい相手をスパッと断ち切ることです。

早い話、お金の話が出た段階でその方は危険な可能性が高いです。まともな相手なら、無意味にプレゼントをねだったり、あれ買えこれ買えと要求されることはありません。

そのため、「おかしいぞ?」と感じた段階でいかにサクッと関係を切れるか。そこが被害に遭うか遭わないかの分かれ道になります。

婚活サイトは出会いを探す上で比較的安全だと思われますが、中には出会いが欲しい人の恋心を利用しようとする不埒な輩も存在する可能性があります。

特に、相手が欲しくて仕方ないとき、結婚相手と出会いたいときというのは、心のスキマが出来ているので、そういう輩に付け込まれるスキができやすいです。

実際、独身男性がデート商法で被害に遭い、多額の借金を背負わされる話はよく聞く話です。

どんな出会いもご縁あってこそのこと。しかしご縁には良縁だけでなく悪縁も存在します。婚活サイトを利用するときは、ぜひ、デート商法にご用心を。