田舎でモテたかったら◯◯◯にお金をかける

車でデート中

先日、地方に転勤の大手企業勤務の友人からこんな話を聞きました。

友人は中部地方の某田舎で勤務しており、そこで様々な女性と出会うそうですが、その友人いわく、田舎で男がモテる絶対条件がクルマに乗ること。

まずデートではどんなクルマに乗ってくるのか?で選別され、そこをクリアして初めて、モテのチャンスが巡ってくるそうです。

そのため、モテ狙いなら軽はNG。

女の子的に、車によって男をランク付けする価値観が作られているようで、逆にいえば、いいクルマに乗ってさえいれば、モテる初期条件がグーンとアップ。

「田舎でモテてイケてる男になりたいと思ったら、いいクルマを買えば話は早い。や◯まくれるぞ!」

と熱弁していたのが印象的でした。

友人のクルマはドイツの高級車。)

いいクルマ=財力の証=安心感

フェラーリ、BMW、ベンツ。

高いクルマを持つ男はモテます。なぜモテるのかというと、それだけ高いクルマを持つ男は財力があると女の子が考えるからです。

特に、田舎のように、生活にクルマが必須である地域なら、なおさらクルマのブランド価値がモノを言うのはもっともなところ。

結局、夢も希望もありませんが、モテるために財力は大きなアドバンテージになります。そのため、いいクルマに乗り、それをPRできるチャンスがあれば、そこからつながる縁があるのも確か。

この意味で、財政状態が許す限りいいクルマを購入することは、モテのためのよい投資になる可能があります。

まずは試しに、ベンツとはいわないまでも、クラウンやレクサスあたりをレンタカーしてみて、それで街へ繰り出し、その反応を見てみるのも一つです。

女の子をデートに誘って、

1・軽で会いに行く

2・レクサス(レンタル)で会いに行く

この2つの行動をしてみて、女の子の本音を確かめるのも、一つの経験となるでしょう。

まとめると

ということで、結局何が書きたかったかというと、「いいクルマを持つ男がモテやすいというのは根拠がある」ということです。

個人的にはクルマなどお金の力でモテるのは外道(金の切れ目が縁の切れ目になるから)で、自然に女性から尽くされる男が最高だと考えていますが、現実は理想ばかり言ってはいられません。

お金の力というのはある意味分かりやすいです。そのニオイに引き寄せられてくる女の子も、現実問題いるでしょう。

だから大切なのは実際にお金があるかどうかというよりも、「オレはこんないいクルマに乗ってるぞ」→「オレはお金を持ってるぞ」と女の子に推測させることがその本質。

論より証拠、もし出会いがあれば、レンタカーでもOKなので、ぜひいいクルマでデートをしてみましょう。いろいろ勉強になりますよ。