30代をこえたら若作りもほどほどにした方がいい理由

頑張って若作り

あなたは今30代をこえていますか?

そして、周りから若く見られますか?それとも、年相応に見られますか?

もしあなたが前者なら、あなたは何か若作りをしていますか?

「オレはオレで自然なのさ」

というあなたはきっとだいじょうぶ。

魅力的なアラサーとして、こっそりモテ度が上昇しているかもしれません。

しかし、もしあなたがアラサーを超えて年を重ねている今、20代のような若い男を目指していろいろ努力を重ねているなら、そろそろ考え方を変えるタイミングかもしれません。

男の童顔が損する理由

基本的に、女性と違い、男は若く見えても良いことはありません。なぜかというと、特に社会人になって年相応に見られないということは、

「こいつは顔が幼いから、きっと苦労してないんだろう」→「男として未熟な野郎に違いない」→「なめてやるか」

こんな感じで、周囲からあまり良い待遇を受けることができません。

おまけに、女性からは陰で、

「あの人、若作りしすぎじゃない!?もうアラサーのおっさんなのにw」

など、良い印象を持たれていない可能性もあります。

つまり、若作りしていることを感知されている段階で、その努力があなたの期待する結果とは、真逆になっている可能性があるのです。

本当に目指す方向性とは

アラサーを超えた男が目指すのは、ういういしい若く見える男ではありません。

逆に目指すべきは、いわゆる渋さ。むしろ、おっさん化する自分を受け入れ、良い意味でのおっさんらしさを磨きをかけていくことが大切です。

髪型で言えばジャニーズにように髪を前に垂らしているような感じではなく、髪をきちんと上にあげる紳士スタイル。

具体的にはNHKのシブゴジに出ているジョン・カピラさんのようなダンディなスタイル。つまり、大人らしさ、男らしさにベクトルを向けていくのです。

この方向を目指すことで、失われつつ若さがマイナスにならず、男らしい自分をPRできるので、周囲からもなめられず、かつ、大人な男が好きな女性受けが良くなります。

この意味で、男の場合は下手に若作りで若さに執着するよりも、男らしさ、年相応の魅力を追求していく方が、周囲からよい評価が得られやすい、という話です。

おっさんのかっこよさを追求する!

人は見た目が9割。

女性の場合は、いつまでも若く見える方が、全体的にモテ度はアップするのは確かかもしれません。

しかし男の場合は話は別。最終的に本当に男女問わず信頼され、人気を集める男は、貫禄があり、どっしりとした信頼性がある男です。

そのことに気づいた男たちは、ヒゲを生やし始めたり、運動や精力剤を始めて男性ホルモンアップに努めだします。

それは、ある段階において、この世にはジャニーズのような爽やか&若いイケメンより、おっさん好きでおっさんに忠実な女性がいることに気づくからです。

それを云々することはこの記事のテーマでないので割愛しますが、男が年を取るのは、それほど損ではない、という話です。

最後に

以上、アラサーになった男が目指すべき方向は、かっこいいおっさん。渋くて頼りがいがある。そしてそこに品格と教養があれば文句なし。

若作りの努力をして、ジャニーズのようなイケメンを目指すより、自分がおっさんになっているということをネガティブにとらえず、逆にその良さを引き出していく工夫が必要です。

もし腹が出てしまったら、それすら「貫禄」と言えるような、そんなキャラを目指していくことが大切ではないでしょうか。

実際、腹が出たおっさんになっても、驚異的なほど女性にモテるアラサーの男だっているのですから。

ということで、アラサーになったら目指すのは男らしさ。髪型、服装、立ち振舞い。若者らしさにこだわらず、年を取っていく変化を、大切にしたいものです。

こちらもどうぞ

30代から男が悩む3つのこと