個人輸入はリスクあり。AGA治療薬は病院で処方されたものを使う

薬の処方

「昔から気にはしていたけれど、ついにハゲてきてしまった」

「このまま髪が減っていく自分を見たくはない」

「本気で薄毛を治したい!」

そこで検討したいのが専門クリニックによるAGA治療

AGA治療では薄毛に効くと認められた薬を使い、治療をスタートしていくわけですが、問題なのは費用と期間。

薄毛を治すためのAGA治療は長期で服用していくのが基本です。というのは、長期で使わなければ効果、変化が実感できないからです。

そのため、AGAの治療を始めると、まず心配になってくるのが薬の費用です。プロペシアを使う場合もおよそ月1万円ほど、お金がかかります。

これを1年2年と継続していくわけですが、AGAとの戦いは、すなわちお金との戦いになります。

AGA治療薬を安く手に入れる方法

このように、AGA治療はお金がかかってしまうのがネックですが、薬を安く済ます方法がないわけではありません。

その方法が、薬を個人輸入することです。

個人輸入をすれば、プロペシアでもミノキシジルタブレットでも、自分で入手することができます。

それで一体どんなメリットがあるのかというと、早い話、AGA治療薬を個人輸入で入手すれば、病院で処方されるよりも何倍もお得に、AGA治療薬を購入することができます。

薬は継続するもの。その薬の費用をお得にできれば、AGA治療の負担も抑えることができるというのが、個人輸入のメリットです。

薬の個人輸入は代行業者を利用すれば比較的簡単に入手することができます。そうなれば、AGA治療の金銭的負担も軽くなります。

個人輸入はココが危険

「病院で処方された薬ではなく、自分でAGA治療薬を安く手に入れられる」

これが個人輸入のメリットですが、ここにはワナがあります。

それは何かというと、偽物をつかまされるor低品質の悪い薬をつかまされるなど、つまりお金を払って詐欺に引っかかる可能性がある、ということです。

個人輸入をする場合、代行業者に手続きを依頼することになるのですが、この個人輸入代行業者にうさんくさい業者がいるのです。

トラブルの例としては、

・プロペシアを買ったのに、中身は全然別の偽物だった

・そもそもお金を払ったのに商品が届かなかった

などがあります。

この個人輸入代行業者とのトラブルはよくあることで、有名な話だとED治療薬でも似たようなトラブルが多々起こっています。

個人輸入代行業者を利用すれば、病院に行かなくてもバイアグラなどのいわゆるED治療薬を手に入れることができます。)

このように、確実性や安心の面で、個人輸入でAGA治療薬を手に入れるのはリスクがあるということを知っておいて損はないと思います。

安心なのは医師の診察+処方

問題はそれだけではありません。

AGA治療薬には副作用があります。薬を投与し、それが安心に使うことができているか、継続して問題ないか、それを医師の診断で確認しつつ、治療を継続していきます。

しかし、医師の診察を受けずに自己判断で薬を続けていたら、知らず知らずのうちに副作用で体に悪影響が出る可能性を否定できません。

安心なのは、医師の診察のもと、正しい用量用法を守って薬を飲むこと。自己判断でAGA治療薬を使い続けるのは、やめた方がいいでしょう。

薬代をケチって、もっと大切な健康を害してしまったら、元も子もありません。

信頼できる個人輸入代行業者を利用すれば、お得に薬を手に入れられるのは確かですが、自己判断でのAGA治療は様々なリスクが伴います。何かあっても、全て自己責任です。

専門クリニックでAGA治療を受ければ、万が一問題が発生しても、責任の所在は明白になりますし、あなた自身が安心して治療を受け続けることができます。

やはりAGA治療薬は、信頼できる医師の処方のもと、入手することを強くオススメします。

AGA治療はどこがいい?本気でハゲで治すならこちら