プロペシアを飲んでも遅い?AGA治療が手遅れになるとき

急げ、まだ間に合う!

「薄毛で悩んでいたけど、治療を受けてフサフサになった。自分に自信が持てるようになった!」

薄毛に悩んだとき、そんな希望が持てるのがAGA(男性型脱毛症)治療。

今現在、どれだけ髪が失われていようと、毛母細胞が生き残っている限りは、AGA治療によって、髪が見事に蘇る可能性があります。

そのため、毛母細胞が残っている限り、AGA治療によって髪が復活。薄毛の悩みから解放されるのも不可能ではありません。

なぜ薄毛を放置すると危険なのか

とはいえ、逆に言えば毛母細胞が死滅して残っていない場合、もしくは毛母細胞がない場合は、AGA治療は手遅れ。

毛母細胞は毛を形成する細胞で、そこから新しい毛が生えてきます。当然、毛母細胞の寿命がなくなってしまえば、細胞は死滅。新しい毛はもはや、二度と生えてきません。

薄毛の問題は、通常の人よりも毛母細胞の細胞分裂が極端に早く進んでいるため、放置しているとますます薄毛が進行。毛母細胞自体の寿命が尽きて、手遅れになってしまいます。

治療が手遅れな段階(毛母細胞が死滅してしまった状態)では、いくらプロペシアなどの投薬治療を行ったとしても、奇跡は期待できません。

ここが薄毛の大きな問題で、だからこそ薄毛の解決は早期治療が重要なのです。

薄毛に気づいたときに早めに治療を行うことによって、手遅れになる前に手を打つことができます。

つまり、毛母細胞が生き残っているうちに治療を始めれば、可能性はまだまだある、ということです。

自己判断は損!

「自分は随分薄毛が進行しているし、もう手遅れだろうか」

そんなときでも、自分でもう治療が手遅れかどうかを判断するのは難しいです。

AGAクリニックへ行き、そこで医師の診断&カウンセリングを受けることで、もうアウトなのか、それともまだ復活の可能性があるか、判断してもらうことができます。

今はHARG療法という進歩的な毛髪再生治療をしてくれるクリニックもあります。自己判断で治療をあきらめるのは損。

まずはAGAクリニックの無料カウンセリングへ行き、薄毛が治る可能性があるか、治療が効果を発揮する可能性があるか、確認することをおすすめします。

「もう治療による再生の可能性が低い」と医師に判断された場合、植毛などの別の手段を紹介してもらうことができます。)

薄毛を治す治す鉄則は、自分であきらめず、早めの行動が大切。早急に動けば、治療も短く安く早く、薄毛の悩みが解決する可能性がアップします。

思ったが吉日、「薄毛を治したい!」と思ったらまず、AGAクリニックで、専門医の話を聞いてみてください。

本気で薄毛を治す!AGAクリニックランキング