結局、AGAの進行は止められるか

薄毛が不安で眠れない男

ハゲにならない。

そのために大切なのは、「もしかして薄毛?」と兆候に気づいた段階で早めのアクションを起こすこと。

人生後悔しないためには、早めの行動と正しい薄毛の知識が必要不可欠。

そこでまず知っておきたいのがAGAの進行過程。AGAはどのように進行していくのか、それを知った上で、一刻も早くAGAの進行を止める必要があります。

知は力なり。AGAがどのように進行していくかを知れば、どのように対策をすればいいのかも見えてきます。それによってAGAの進行も遅らせることができます。

AGAはゆっくり進む

まず始めに知っておきたいのは、AGAは徐々に徐々に進行する、ということ。

ある日突然髪が禿げ上がるということは現実では有りえません。自分では微妙なくらい、「あれ、もしかしたら?」という感じで、少しづつ、その症状が出てきます。

そして、進行がある程度進むと、いわゆる「キテる」状態になります。このとき初めて、薄毛について自覚せざるを得ない状況になります。

では何歳からAGAがスタートするのか、というとそれは個人差があり人次第。

早い人なら10代20代からAGAを発症、生え際の後退や髪のボリュームに悩みを感じるようになります。

ただ、大抵に人は30代以降に髪が気になりだすケースが多いです。

今日の行動が明日の自分を決める

それで肝心なのが、AGAの進行を遅らせるにはどうすればいいのか、ということ。

AGAは日々のケアや習慣によって、その進度を変えると言われています。

食べ物に気を遣ったり、スカルプシャンプーや育毛剤でヘアケアしたり、生活習慣に気を遣ったり、様々な努力によって、AGAを完全に止めることはできなくても、進行速度を抑えることができます。

早い話、今現在のあなたの行動によって、あなたの髪が残るか、失われるかが決まると言っても過言ではありません。

だから「今何をするのか」こそが一番のAGA対策になります。

薄毛の予兆を感じたら始めたい薄毛対策

必要なのはストレス対策

AGAの進行を止めるために大切なのは、今それほど薄毛が気にならない状況で、未来のために種を蒔くこと。

生活習慣に気を遣い、髪をきちんとケアする。とくに、ストレスには要注意。ストレスがたまって悩んでいると、抜け毛が増えて、AGAの進行が加速してしまいます。

【理屈】

1・ストレスで緊張すると自律神経が乱れる

2・毛細血管が縮小して血のめぐりが悪くなる

3・栄養が髪の毛に行き届かなくなる

4・髪が細くなる

5・AGA!

毎日イライラしたり、何か不安だったり気になることがあったり、ストレスは髪の健康を守る上での大敵。

ストレスがたまると過食やアルコール、タバコなどの悪習慣にもつながるので、ますます髪によくありません。

希望は常にある

逆に生活習慣に気を遣って、ストレスを最低限に抑え、健康的な生活ができれば、それは髪にとって素晴らしい状態になります。

健康的な生活は髪の元気に必要不可欠。

よく寝て、適度に運動してストレスを解消し、髪に良い食べ物を食べて、髪をきちんとケアをする。

つまり今日の行動をトータルで気を遣うことによって、それがAGAの進行を遅らせることができます。

そのためにできることはたくさんあります。

ハゲる習慣をやめる

ハゲない食生活を始める

シャンプーに気を使う

今できることから始めて、AGAで悩まない未来をつかみ取りたいものです。

まとめると

未来で後悔しない。

そのためには「今」できることを「今」から始めること。AGAに関しては、「まだ大丈夫」と余裕を持つことは難しいです。

だからこそ、「今はまだ大丈夫」と思うときこそ、未来へ希望を託すとき。AGAについて理解した上で、自分の髪を守るための行動を起こしていく。

それによって、将来フサフサな自分か、それとも薄毛が進行した自分か、未来が2つに別れてきます。

「いつまでもフサフサでいたい」

「AGAで悩みたくない」

今ならまだ大丈夫。AGAの進行を送らせて、自分の髪に自信が持てる未来を目指しましょう。

薄毛予防のための育毛剤の活用法