原因は5月病?仕事を辞めたくなっても絶対に即決してはいけない

あぁ、だるいよぉ

4月の慌ただしさが終わっていよいよ5月。

ところが仕事のやる気が出ない。もっと言えば、仕事がイヤになって、仕事を辞めたくなってしまった。実はこれ、5月ではよくあること。

特にGW明けはヤバくて、

「自分はこの仕事に向いていないのかもしれない。自分なりに頑張ってきたけど、もう疲れてしまった。この会社で自分は上手くやっていけるのか?」

などといろんな不安が頭に過ぎってきて、ついには仕事を辞めたくなってしまう。

これがいわゆる5月病の典型的な症状。その気持ちに流されて衝動的に仕事を辞めてしまったら、それはとてつもない損になるかもしれません。

ではそのような過ちを起こさないためにどうすればいいのか?

そこで大切なのが、5月病について理解を深めること。その知識を知っているか知っていないか、それは大きな差となります。

人に会いたくない、会社に行きたくない。その原因は

5月病とは大学の新入生や新社会人など、新しい環境を迎えたに見られる環境適応障害のこと。

・人と会いたくなくなる。人と会うのが面倒になってしまう。

・朝が起きられなくなるり、遅刻が増えてくる。

・夜もなかなか寝つけなくなる。不安になって、将来のことが気になってしまう。

・好きなことにも興味がなくなり、休日の外出も避けるようになる。

など、様々な症状が出てきます。

なぜ5月病になるのか、その原因は新しい環境に適応するためのストレスだと言われていますが、早い話、5月病になってしまうと、何もかも面倒で疲れてしまいます。

そして不安になって今の仕事を続けていくことがイヤになってしまいます。

なので、4月は頑張っていたのに、5月に入って急に何もかもアホらしくなったり、疲れ切ってしまったら、5月病を疑った方がいいです。

思考的に冷静ではないので、このときは絶対、「仕事を辞めたい!」と思っても、行動に移さないことが大切です。

5月を乗り越えればまた気持ちも変わる

新しい環境へ適応する。それはとてもストレスフルなことです。

特に4月、新しい会社へ入って新しい生活が始まることは、いろいろ期待できる反面、不安も大きいもの。

その疲れ、ストレスがやって来るのが5月です。だからこの時期は肉体面だけでなく、精神面で大変かもしれません。

とはいえ、「辛い・・・」と感じた時期は長くは続きません。そこさえ乗り切れば、あとは流れで何とかなることもあります。

だからこそ、5月に入って急に仕事を辞めたくなったときは、それはあなたの意志ではなく、5月病が原因と考える方が理にかなっています。

とりあえず「もう辞める!」と即決はせず、とりあえず辞めたい気持ちを放置しておくことが大切です。

本当に仕事を辞めるかどうかは、せめて半年1年してから考えても遅くはありません。くれぐれも、「もう仕事を辞めるしかない・・・」と思いつめないことです。

5月病対策は無理しないこと

毎日がどうしてもだるい。つまらない。5月病にかかってしんどいときは無理しないのが鉄則。

休日は引きこもりでずっと寝ていたり、気晴らしになる何かでストレス発散するなど、プライベートで自分に負担をかけない暮らしを送ることが肝心です。

なので仕事は最低限でOK。周りが頑張っているからといって、無理にそのペースに合わせる必要はありません。

人生はロングレース。一時期社内で出遅れたとしても、最低限の空気さえ読んでいれば、挽回のチャンスはやって来ます。

この意味で、5月病は「無理しないでペースを落とせ」という体のサイン。決断は先延ばしにして、まぁほどほどに、やっていきましょう。