30歳の転職は遅い?30歳で仕事を辞めたくなったらどうすべきか

上司に叱られる男

「今の仕事がどうにもしっくり」

そんなときに悩むのが年齢のこと。

一般的にある年齢に達してしますと転職することそのものをためらってしまいます。その境目になるのが30歳前後。

20代のうちは、「まだ20代だから」とまだ楽観的に考えられるかもしれません。しかし30歳になってくると徐々に状況が変化。

自分だけでなく周囲の見方も変わってきます。そのため、そう簡単に転職するのが難しくなってきます。

それに転職の採用率にしても、30代より20代、若い方が有利なのは確か。

30代を迎えたとき、「仕事を変えたい・・・」と悩んでも、そうやすやすと転職するのは難しいかもしれません。

どんなときも、可能性は常にある

では、もう30歳を超えてしまったら転職は諦めて、今の仕事で頑張るしかないのか?

もちろんそんなことはありません。人生は常にいろんな選択肢があります。実際、30歳近くで転職しその後大成功を収めた人はたくさんいます。

例えば、『デモンズソウル』や『ダークソウル』シリーズで知られるフロム・ソフトウェアの宮崎英高社長

宮崎社長は30歳を目前に外資系IT会社から未経験のゲーム業界に転職、ヒットを連発し、今では社長に抜擢されるほどの活躍を見せています。

もちろん、誰もが宮崎社長のように転職して大成功することは難しいかもしれませんが、

「やりたい仕事があってどうしても転職したい!」

という思いがあれば、年齢を理由に転職をためらうのはもったいないかもしれません。

やれるだけのことをして、30代からの残りの人生を、後悔ないよう生きていきたいものです。

30歳は人生の節目。節目だからこそ考えたいことがある

ただ、年齢が高くなるうちに転職のチャンス(特に未経験の分野)が減っていくという現実はあります。

30歳前後はまだチャンスあり。しかし35歳以降になってくると、安易な転職は自分の首を絞める可能性があります。

転職が決断できるうちは慎重に準備をして、まだ若いうち、決断を下す必要があるのかもしれません。

転職すればまた新しい人間関係が待っていますので、あまり遅い転職だと、年の近い上司との関係など、いろいろ気遣いが要求されます。

いずれにせよ、30歳は人生の区切りのとき。

「これまでしてきた仕事は自分にとってどんな意味があったのか?」

「このまま今のキャリアを重ねていいか?それとも転職した方がいいか?」

一度、しっかり考えておく必要があるときなのかもしれません。