男にとって30代とは一番服選びに悩む年頃だと思う

ボクってなかなかイケてるでしょ?

「30代の俺が、どんな服を選べば良いのか?」

どんな服を選ぶかは、男のモテ度アップのために超重要なファクター。

どうせならイケてる格好をして、周囲からモテて、注目されるファッションで自分の株を上げたいもの。

ところが、20代以降、男がどんな服を着ればいいのか。そもそもどこで服を買えばいいのか。その悩みはどんどん深くなっていきます。

特に30代以降は、服選びによって自分という男のブランド価値が激増することもあれば、

「なんでこの人はいい年なのにそんな格好してんねん」

と、周囲からの評判を下げてしまう原因になります。

それは一体なぜなのか?そして、30代男はどうやって服を選べばいいのか?

この記事では、その点について考察していきます。

若くなく、そして年を取りすぎていない。それが30代

30代とは早い話、微妙な年齢です。

若者というには年を取りすぎている。しかし、おっさんというわけでもない(30代にしておっさん化してしまう人もいますが)。

これは30代男が服選ぶ上において、とてもセンシティブな問題になってきます。

20代のように、黒のテーラードジャケットのインナーにVネックTシャツ、そして紺のジーンズと、いわゆる若々しい定番のファッションを30代男がすると、どこか無理が出てきます。

逆に、40代50代のような、いわゆる紳士系ファッションに舵を切ると、まだまだ貫禄不足。年不相応的な「背伸び感」が出てしまい、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

ファッションブランドを選ぶにしても、ユナイテッドアローズならまだしも、ナノ・ユニバースのような比較的リーズナブルなセレクトショップだと若すぎて似合いません。

ポール・スミスもいけなくはないけれど、20代若者のような組み合わせだと無理がある。

つまり、30代らしい服装を選ぶためのブランドが制限されてしまい、悩みの種となってしまいます。

ではどうやって服を選べばいいのか?

実際、私自身、20代の頃はポール・スミスやナノ・ユニバースなど、いわゆる定番の店ばかりで服を買っていて、それで基本的に服選びに困ることはありませんでした。

20代は若さがあって体型が崩れていないので、髪型さえ気を使えば、最悪ジーパンやチノパン+シャツだけで、それなりに決まります。

ところが、30代になると、年相応の重要性がアップ。ズボンにシャツだけといった、ラフな格好だと、どうにも決まりません。

それで一体どうやって服を選べばいいのか?

30代に入ってずっと試行錯誤してきたのですが、そこで一つの答えに到達しました。それは、

シンプル・イズ・ベスト。シンプルな組み合わせを極め、服一つ一つの素材やシルエットにこだわっていく方向を極めていくこそが、一つの方向性だと確信しました。

例えば夏。

ポロシャツ+スラックスという組み合わせにおいても、ポロシャツはラコステ。スラックスは数万円以上の、安っぽさが出ないアイテムを選ぶ。

こうすることで、年相応。それなりの雰囲気は出せます。

つまりポイントは、ファッションの定番はそのままに、服そのものの品質にこだわって、服を買っていくのがおすすめ、という話です。

30代の男が年相応に輝ける服選びのキーワードは定番+品質

服は高ければ良い、という話でもありません。実際、クソ高い値段でも、すぐにダメになってしまう詐欺のような服もあります。

それに、値段不相応。高いのに品質面で非常に疑わしい服を売っているブランドもあります。

どことはいいませんが、数万円もするニットなのに「ユ○クロのニットとどこが違うんだね?」と思わざるを得ない悪いニットを使っているブランド。

「その服はマイナス1万円が適正価格ではないのですか?」というブランドだってあります。その点については、別記事にてざっくばらんに語っていきたいと思っています。

要は、自分なりに納得できる高級感を持ったブランドを愛用していくことが大事ではないでしょうか。

例えば、ユナイテッドアローズの「District」。

こちらの薄手のニットなんて、2万円以上とお高い無類ですが、その繊細さ、そして程よい高級感はまさにコスパで言えば最強。

同価格帯のニットと比較すると、高級感が一目瞭然です。

30代になってくるとやはり年相応。若すぎてもいけないし、そして落ち着きすぎてもいけない、そんな微妙なバランスのなかで服を選ぶことになってきます。

そこで重要になってくるのが服の質や高級感。同じシャツでも、数万円のものと、数千円のものでは、全く見た目の印象が変わってきます。

つまり、20代と同じようなコーディネート、定番を選びつつも、服そのものの品質に気を使っていく。

これこそが、30代の服選びのポイントになります。

まとめると

この記事を読んでいるあなたはきっと30代以上で、かつ、

「ユ○クロとか安い服ではなくて、自分に似合うイケてる服を選びたい!」

という、上昇志向が強い方だと思います。

そしてあなたは、良い服を選ぶことが、あらゆる面で良い自己投資になっていることに気づいていると思います。

だからこそ、30代で重要なのは品質。

服そのものを、品質的に良いものを選んでいく。選べる範囲において、購入できる価格の範囲において、できる限り質の良いものを選んでいく。

そこがポイントです。

シャツならシャツ。ジーンズならジーンズ。スラックスならスラックス。ジャケットならジャケット。

一つ一つのアイテムを吟味して、出来る限り長く、そして安心して使えるものを選ぶ。何より、安っぽく見えないものを選ぶ。

それによって、20代と同じコーディネートをしていたとしても、見た目の印象はガラリと変わります。

具体的にはどんなブランドがおすすめなのか、別記事にてご紹介します。興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらもどうぞ

→厳選!30代男におすすめのブランド5選