30代で若く見える男は得なのか

若作りの男

30代は男の分かれ目。

この時期を境に、急激におっさん化する人と、「大学生でもOKなんじゃない?」的な若々しい人、運命が二分化します。

「では男はいつまでも若々しいのがいいのか?」というと正直微妙。

女性なら若く見られた方が得ですが、男が若く見られても、

「顔が若い」→「苦労していない」→「経験不足な男」

的なイメージで見られて損したり、単純に若く見られると舐められます。

そのため、「○○君は本当に若いね」という言葉はある意味「○○君はあまり苦労してなさそうだよね」的な、ディスりの発言が隠されている場合があります。

「若く見えるとなめられる」のは確かにある

30代で若く見える男は良いことばかりではない。

なぜそう考えるかというと、実際私も30歳をとおに超えているのに、えらく若く見られることが多く、ハッキリ言って年齢のせいでなめられてしまうときがあるからです。

おばさま方には「君付け」で可愛がられ、年下にはタメ口をきかれ、実利的な面では、貫禄ある男には遥かに及ばないことを実感しています。

店員さんでも露骨に年齢を見て態度を変えてくる人がいて、男の場合は、若く見える=良いことだけではないことを実感して困惑するこの頃です。

中学校の同窓会に行くといつも、「15の頃から顔が変わってない」といじられていますが、若く見えると自分の立ち位置を取るのに苦労します。

老け顔は後で得をする!?

ところで、顔のフケ具合について思うのは、10代の頃童顔だった男ほど、その後30代を超えて変化が激しいです。

一方、10代の頃から顔が変わっていない落ち着いてる系の顔のヤツはそう変わっていなくて、むしろ若々しさを保っています。

ところが、逆に幼い顔で可愛い系の顔をしているヤツはおっさんに変わり果てていたりして、「運命とは不思議なものだ」としみじみ実感します。

なので、10代の頃に童顔でチヤホヤされた人ほど、年をとってからが勝負になります。この意味で人生は本当に平等なんだなと思います。

結局若く見えることはどうなのか

それで話はそれましたが、結局一番良いのは、年相応に見られることだと思います。

若く見えるのはいいかもしれないけれど、若作りは痛い。だから、よほどの老け顔でない限り、無理に若さを追求する必要はないのではないでしょうか。

例えば今あなたが20歳で、仮に30歳に見られても、それはむしろ良いことです。貫禄があり、落ち着きがある。それがプラスに働く場所が必ずあります。

30代を超えて、実年齢より若く見えると、プラスよりマイナスが上回ります。「この人は若いけどダイジョブなのか?」「経験不足なのでは?」など、いろんな色眼鏡で見られます。

最後に

ただ、30代を超えて若く見られるメリットが1つあります。

それは若い女の子と結婚できる可能性がアップすることです。30代40代になって外見が若くそれなりにお金が稼げるようになったとき、若く見える本領(メリット)が発揮できます。

なんだかんだで女性も若い(雰囲気の)男が好きです。そこに経済力がついてこれば鬼に金棒。若い見た目とお金、そしてチャンスがあれば、良いご縁をつかめる可能性もアップします。

顔が若くても薄毛メタボには注意しなければいけませんが、この2つにさえ気をつければ、春はもうすぐそこ。

蓄えた人生経験とお金で、若く見えるメリットを、最大限に生かしたいものです。

こちらもどうぞ

30をこえているのに童顔でなめられるあなたが今すぐ貫禄をつける3つの方法

アラサー男の若作りがNGな理由

おっさん化する男 おっさん化しない男