30代でハゲてきた。薄毛の進行を止めるにはどうすればいいか

生え際を誤魔化す男

「30代。まだ完全にハゲてはいないものの、額や生え際がやばい。ジワジワと薄毛が進行しているのが分かる。どうすれば薄毛を止めることができるか?」

30代になってくると、ハゲの兆候が否定できないくらい明らかになって、薄毛が進行している現実を認めざるえなくなってきます。

どうすれば薄毛の進行を止められるのか?詳しくはこの記事で。

一番の問題は「何もしない」こと

30代で薄毛が進行してしまった場合、幸いなのは完全にハゲてしまっているわけではないこと。

今後の行動次第では、まだまだ未来に希望が持てるのが朗報。薄毛の進行を止めるためにするべきことをするこどで、未来が変わる可能性は十分にあります。

ここで大切なのは結局、今動くか動かないか。

薄毛が進行してきたときに一番の問題となるのは何もしないこと。ハゲかかってきたのは実感している。

しかし「何とかなる」と楽観的に考えて、結果的にますます症状を進行させてしまった。この状況が一番まずいです。

早めに動く

では、薄毛が進行しているのが実感できたとき何をすれば、薄毛の進行を止めることができるのか?

そこで大切のがAGA治療を検討すること。30代でありがちな頭頂部のボリュームの減退や、額の後退(いわゆるM字ハゲ)はAGAの可能性が高いです。

AGAは専門クリニックで治療をすることができます。特に、30代で薄毛が早期の状態であれば、回復も比較的容易です。

「薄毛が進行してきた」と気づいた段階で対処すれば、治療期間も長くならずに、早めに悩みを解決していくことができます。

問題を先延ばしするデメリット

逆に、薄毛の進行を実感しつつ何もせずに放置していると、後にAGAを治療を始めたとしても、回復までに長く時間がかかってしまう可能性が高くなります。

そのため、薄毛を実感しつつ、その進行を止めたい30代の方は、早めの対策をおすすめします。

まずはAGAクリニックの無料カウンセリングに参加し、あなたの薄毛の状態をチェックしてもらいます。

その上で、どうすれば進行を防げるか、どんな治療が効果的か、薄毛専門の先生が、あなたのためのベストな解決策を提案してくれます。

AGA治療はどこが安心?

育毛剤で薄毛の進行を止められるか

ところで、「ハゲかかってきたときに育毛剤で進行を止めることができるのか?」という疑問があります。

個人的には育毛剤はすでに症状が自覚できるほど薄毛が進行している方の場合、育毛剤は期待する結果を得る確実性に欠けると考えています。

というのは、育毛剤は発毛のための商品ではなく薄毛予防のための商品だと考えているからです。

もちろん、育毛剤のなかには、発毛実感効果をうたっているものもありますが、それらの根拠、効果の再現性の面では、確実性に欠けるのが正直なところです。

ポイントは再現性&確実性

例えばあなたが今薄毛が進行していて、それを止めたいと考えています。そのために、育毛剤で発毛を実感したいと考えています。

それで育毛剤で効果を実感できれば何も問題ありません。しかし、発毛実感という面では、AGA治療に比べ、再現性と確実性に疑問が残ります。

そのため、薄毛の進行を確実に止めて治療を進めていきたいのであれば、医学的な根拠があるAGA治療の方が、確実性が高いと考えることができます。

逆に、このような方なら育毛剤を試す価値があります。)

まとめると

30代で薄毛が進行。それを止めるためには早め早めの行動が一番。

症状が軽いうちなら、早めに動くことで治療も容易になり、将来の展望に安心が持てる道筋が見えてきます。

この意味で、30代は薄毛を進行させてハゲてしまうか、それとも40代以降もフサフサの自分を守ることができるかの分かれ道になります。

もしあなたが30代で薄毛の進行を実感してしまっているなら、まさに動くのは「今」。あなたの髪の未来を守る、その第一歩を、踏み出してみませんか?

今ならまだ、間に合うかもしれませんよ!

本気でハゲを治療するAGAクリニックランキング