気になるのは30代から?髪のボリュームに悩むのは薄毛の兆候か

髪が気になる

30代、否が応でも気付かされる体の劣化。

そのなかでも特に気にかかってしまうのが髪の毛の悩み。それは、日々の日常の生活で、気なる瞬間が出てきます。

例えばヘアセットのとき。

20代の頃は髪のセットに悩むことなんてなかったのに、30代になってくると、トップのボリューム、前髪のボリュームが気になるようになってきて、思うようにヘアセットができなくなってきます。

30代は衰えを感じ始める年代で、仕方がないと言えば仕方ないですが、やっぱり髪のボリュームはとくに気になってしまいます。

「俺、このままハゲてしまうのでは?」と焦って仕方ありません。そうなると、抜け毛の数が気になってきます。毎日朝起きたら枕をチェックしたり、お風呂場の抜け毛を確認したり。

(もしかしたら、この記事を読んでいるあなたもそうですか?)

本当に、髪の毛のことは心配。不安が厳しいですよね。

このままで大丈夫?気になるポイントは

でも、気にしすぎてもそれはそれで危険で、抜け毛のストレスによってますます抜け毛が進行してしまう可能性もあります。

自分の髪は大丈夫なのか?それとも対策をすべきなのか?

まずはそこを明確したいところですが、そのためにいくつかチェックしたいのが髪の安心状態。

薄毛には兆候があります。そこで、薄毛を予防するための最大の武器となるのが、早期発見早期対策。

まず確認したいことがこちら。

・最近、抜け毛が増えていることを実感している。

ボリュームが不足気味。20代の頃と同じ感覚で髪のセットができなくなってしまった。

・髪の分け目も地肌が気になってしまう。

・おまけに髪の健康状態が良くないようだ。フケやかゆみが頭皮で発生するようになった。

もしこれらの症状がいくつか当てはまるなら、そろそろ何らかの対策が必要かもしれません。

生活習慣はどうか?

次にチェックしたいのが生活習慣。

仕事のストレスだけでなく、日常の習慣、髪の悩みは生活習慣と関係しているって言いますよね。不健康な習慣はイコール髪へのダメージに。

・生活が不規則である。

・食事の栄養バランスが悪い。

・運動不足。

・たばこを吸っている。本数も減らない。

もしかしたら、普段の生活習慣の悪いツケが、薄毛の兆候として現れているかも。

薄毛になってしまう原因は遺伝レベルだけでなく、生活習慣とか、いろんな原因があって、薄毛という症状が出てしまうと考えられています。

確かに、髪の原料は食事の栄養素だし、不規則な暮らし、不摂生な暮らしをしていれば、それが健康状態にダメージを与えて、結果的に薄毛になってしまうのも理解できます。

となると、普段の生活、習慣を変えていくことによって、髪を救える未来もあるはず。

「髪のボリュームがきになってしまう」

というのは薄毛のサインの一つで、まだ何とかなるうちに、できること、始めたいものです。

育毛ケアで髪の悩みを予防

では具体的に一体何をどうすればいいのか。

生活習慣を変えていくことはもちろんのこと、育毛ケアを始めるのもその一つです。

スカルプシャンプーを始めて、頭皮の環境を改善する。育毛剤も試してみて、自分にぴったりの商品を見つけておく。

そんな日々の工夫によって、薄毛の進行を防げる可能性はあるそうです。だから、30代のうちなら、まだ打つ手はあるはず。

不摂生な食生活をやめてきちんと運動。そして、ヘアケアに気を使って、頭皮の環境を改善していく。

そうなれば、また、「20代の頃のようにフサフサな髪が!」となるのは難しいかもしれませんが、今より髪がひどい状態になってしまうのだけは、防げるかもしれません。

個人で工夫していくしかないかもしれませんが、やっぱり、髪はしっかり守りたいもの。

結局薄毛の不安に打ち勝つためには、今できることを、地道に始めるしかないのかもしれませんね。

最後に

髪のボリュームが気になりだしてしまった。

それはもしかしたら薄毛の兆候かも。薄毛は徐々に進行してしまい、それが気がつけばあるときから一気に症状が出てきます。

ボリューム不足が気になりだすのも「今の髪の状態は昔のときとは違う」サインなのかもしれません。

やっぱり気になること、不安なことは、出来る限り解決してスッキリしたいもの。それに気がついた段階で行動を起こせば、未来を変えることができるかもしれません。

「このままではハゲてしまうかも・・・」

とお悩みの方は、今ならまだできることがあるはず。

薄毛の不安を行動をチェンジ。できること、始めてみませんか?

手遅れになる前に試したい!薄毛の不安に悩む30代男性が試したいスカルプシャンプー

→薄毛が心配な30代男性が注目したい育毛剤