20代でも要注意?若年性脱毛症とは

やべぇ、ハゲてきた?

「まだ20代なのに抜け毛が。しばらくすると、生え際、ボリュームまでおかしくなってきた。これってもしかして・・・?」

最近、そんな若年性脱毛症に悩む人が増えているようです。

ハゲに年齢は関係ない?

若年性脱毛症とはいわゆる若ハゲのこと。

一般的にハゲは30代以降、加齢とともに悩む人が増えていくる症状ですが、若年性脱毛症は文字通り若い人がその対象。

多くは20代、早い人だとなんと10代(!)から発症してしまうそうです。

それで具体的にどんな症状が出てくるのかというと、

・髪の毛が薄くなる→頭皮が見える

・髪の毛が細くなる→前髪などのボリュームに影響する

・生え際の後退→進行するとM字

大人のハゲの悩みとほぼ同じ。ようは発症のタイミングが早いのが若年性脱毛症の辛い悩みになります。

どんな人がなりやすいのか?

ただ、一般的には、皆が皆、若年性脱毛症になるわけではありません。

ハゲの原因は様々ですが、そこには食事や運動、ストレス対策など、生活習慣、家系的な問題が関係してきます。

特に注意したいのは生活習慣。

・ストレスがたまりまくっている

・食事はジャンクフードばかりで栄養が偏っている

・あまりお風呂に入らない、髪を洗わない

このような習慣を続けていると、それが若年性脱毛症の原因になってしまいます。

習慣にも良い習慣悪い習慣があります。

日々の何気ない行動が実は髪に悪い行動だった。そうならないために、見直せるところは見直す必要があるかもしれません。

若ハゲを解決するには

でも、すでに若ハゲが進行してしまった場合はどうすればいいのか?

ハゲは予防が一番の対策ですが、今以上に若ハゲを進行させないために、すぐにも行動を起こすことが大切です。

具体的には、

・生活習慣を見直す!バランスの取れた食事、ストレス解消、体に良いことをする。

育毛剤スカルプシャンプーでヘアケアを始める。育毛剤やスカルプシャンプーで効果が出ないなら、AGA治療を検討する。

これらの行動から若ハゲ対策をスタートします。

最終的にどうにも結果が出ないなら、AGA治療での投薬治療も検討する価値があると思います。

何せよ、若ハゲは気になったときこそ何かを始めるとき。

「まだ20代なのに、髪が薄くなってきた・・・」

と悩んだら、今からできること、始めてみませんか?