20代は貯金より自己投資。自分を磨けばお金はあとからついてくる

野心家の青年

「今自分は20代。最近将来のことを考えているが、一度きりの人生、ムダにしたくはないと悩んでいる。どうせなら、最高の人生を実現したい!」

そんなあなたにおすすめなのが、自己投資。

つまり、将来の自分のためになることをお金を使うこと。

お金はいわば選択肢です。そして、20代に使ったお金が、30代の自分を作ります。だからこそ、20代に貯金に走るのは、ある意味大きな損です。

安定を求める代償として、自分の可能性を殺していることも、知っておいた方がいいでしょう。

不思議なことに、20代のうちにきちんと自分に投資しておけば、それはきちんと将来、回収することができます。

自己投資に成功すればお金はあとからついてくる

例えば恥ずかしい話ですが、20代の頃の私はまさに貧乏のどん底でした。

大学在学中に就職試験に失敗し、大学を卒業する目前の3月にようやく、臨時の仕事に採用されたものの、そこからが人生どん底の始まり。

実家ぐらしをしつつも、お金がないことのリアルを知り尽くし、まさに人生の辛酸をなめました。

しかしこの時期、自分の将来だけは決して見捨てませんでした。

そして、限りある資金のなか、読書や旅に自己投資をした結果、30代になって、状況が一変。

散々お金を使っているにも関わらず、気づけば自然に、30代の平均貯蓄額を超えるお金が貯まっていました。

この経験から、20代という可能性満ちた時だからこそ、貯金に走るのはもったいない。

むしろ貯金なんて考えず、必要なこと。したいことにはどんどんお金を使うことをおすすめしたい、というのがこの記事でお伝えしたいことです。

最低限の貯金さえしておけば、使ったお金はやがて回収できます。何より30代になっての伸びしろが全然違います。

ある意味20代とは人生のラッキステージ。その貴重な時間をムダにしないためには、20代こそ自己投資。

自分のためにお金を使うことが、人生においてとてつもない意味を持ってきます。

無目的な貯金はただの死に金。やがて手元から消えてしまう

もちろん貯金は大切です。いざというときに備える。そのために、最低限の貯金をすることに意義をとなえるつもりはありません。

しかし、貯金には良い貯金と悪い貯金があります。

例えば、何か欲しいものを手に入れるために毎月お金を貯金する。これは意味がある貯金です。

ところが、ただこれといった理由もなくお金を貯める。これぞ、貯金のための貯金。お金を死に金にする危険な貯金です。

そしてこういった方法で貯めたお金は、不思議なことに、ある段階に入るとそっと手元から消えてしまいます。

交通事故に遭ったり詐欺師(よくあるのは恋愛詐欺)に騙されたり、そのかたちは様々ですが、お金がすっと逃げていきます。

そして文字通り、手元には何一つ、残らないのです。だから最悪なのです。

これを考えるとお金はやはり使ってこそ意味があるもの。だからこそ、その使い道を自分のためになる形で使う。

それこそが最も、自然な方法でありかつ、お金と綺麗に付き合う極意なのです。

物より経験、そして知識

何が自分にとって一番の自己投資なのか。

それは人によってケース・バイ・ケースなので、一概にこれというのは言えませんが、大切なのは、そのお金を使うことで自分がどうなるか、ということを考えることです。

例えば、読書をすることで、誰かの知識、経験を自分のものにすることができます。

それによって、今までとは違う発想ができる自分になったり、新しい知識を得ることで、仕事力がアップ。周囲からひと目置かれる自分になることができます。

また、人との出会いに投資することによって、人生に思わぬ道が開けることも少なくありません。このことから単純に考えれば、自分がしたいと思うこと。やってみたいこと。

つまり物よりも知識や経験。そういったことにお金を使うのが、20代の自己投資としては最適ではないでしょうか。

実際私も、20代の頃に最も重視したのが読書でした。

単純にお金がなかったのもありますが、本から得られたものは、本当にお金だけではありません。知識。発想。価値観。

それは目に見える形ではありませんが、自分のなかでとてつもなく大きな財産となっています。

最後に

ということで、あなたが今20代であり、将来のことを考えている。

それであるなら、今あなたが持っているお金はまさに、将来のあなたの人生を作るチャンス。その使い道を、真剣に考える価値があります。

繰り返しますが、20代のあなたが使うお金が、30代のあなたを作ります。そしてあなたが30代になったときに使ったお金が、40代のあなたを作ります。

お金はいつでも貯めることができます。しかし、人生の時間は絶対に取り戻すことができません。

特に、20代という、若く体力があり、健康である貴重な時間は、二度と、取り戻すことができません。

つまり、この貴重な時期だからこそできることがあります。無目的な貯金によってそのチャンスを逃さないこと。

この記事であなたに伝えたいのは、まさにその一点です。ぜひ、未来のあなたが輝くお金の使い道を、真剣に考えてみてください。

こちらもどうぞ

男の人生で道をあやまらない秘訣